【茶娘塾2】お茶畑の秘密

秘密ってほどのことでもないんですが、私が度会にきて最初に気付いた事 それは、お茶畑には、「かまぼこ型」 と 「とうふ型」 があるということ! 皆さんも美しい茶畑をなんとなくイメージすることはできると思いますが、 そのお茶の樹ってどんな形をしているかわかりますか? 答えはこんな感じ! このお茶畑の形の違い、お茶の芽を収穫するときの機械の違いでこうなっているんです。 「かまぼこ型」 は手で持つタイプの刈り取り機、「とうふ型」 は乗用の機械が入ります。 お茶の刈り取りについては、次回改めてご説明しますが、我が家のお茶畑は 「とうふ型」が多くなっています。乗用の機械が入れない斜面や小さな畑は「かまぼこ型」。 静岡で新幹線から見える茶畑は急斜面にあるため、ほとんど「かまぼこ」ですね。 お茶の樹は、一度葉を摘んでもまた新しい芽が伸びてきます。そのため、日本では 年に2~4回の収穫が可能で、刈り取る順番に一番茶、二番茶となっています。 しかも経済的寿命は30~50年と長生き!こんな農産物って他にはないみたいですよ。 明日はいよいよ、お茶の刈り取りについてです!お楽しみに♪ ※ご注意! 文中の 「かまぼこ型」、「とうふ型」 という言葉は935が茶畑の見た目から付けた名前で 正式名称ではありませんので、ご注意ください。(正式名称は私も知りません・・・とほほ) 茶畑の形は他にもあるようですが、ここでは我が家にある2種類だけをとりあげています。 …

続きを読む