またもや東京です

またまた東京にきています。 こうも移動を繰り返すとどちらが本拠地かわからなくなりますね。 (都会と田舎を行き来する人生が夢ではありましたが・・・) 今回は036が所属する4Hクラブの全国大会(全国農業青年交換大会)が 東京で開催されるため、それに便乗して里帰り。 旦那なしの実家でのんびり過ごしております。 036が参加するこのイベント、全国から400人以上の農業青年が 集まり交流を深めるというもの。毎年皇太子さまも参加されるらしい。 育てる作物は違えど、太陽と大地の恩恵を受ける青年が 大勢集まって酒を片手に語らったらどんなに楽しいだろう。 いいなぁ~私も参加したい・・・。 私のように農業従事者ではないけれど、農業に興味がある 一般人も一緒に参加できるイベントがあったらいいのにな。 将来、JAの女性部みたいな組織ではなく、同世代の農家のヨメが集まって 気楽に語れる座談会とか開催できたらな~なんて目論む935でありました。 ※036が参加した全国大会の様子は後日ご報告します。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 30位台をキープしています。この調子で頑張るぞ! (現在のランキングは こちら からご確認頂けます) ↓↓↓↓↓ 人気ブログランキング参加中!このボタンをクリックしてください♪

続きを読む

王蟲・・・?

先日、家中の植木の床屋さんをやっていたときのこと。 洗濯物を取りこみに外に出た935が目にしたものは・・・ 2匹の王蟲・・・?蟲笛を使って腐海に帰ってもらわないと!! (マニアックですみません。ジブリの中でもナウシカが好きなのです。) これ、大量のゴミを集めるときの技として義母が考案したものらしい。 お茶の収穫時に使う巨大な袋に下半身をもぐりこませ、両手で集めた ゴミを大きく開いた股の下から袋に向かってかき込むというもの。 大規模な植木の床屋さんのときなど、枝や葉が大量に落ちるので これは便利!と家族みんなが採用している。 確かに効率がよいのかもしれない・・・グッドアイデアかもしれない・・・ でも、どっからどう見ても王蟲なんですけど!! 真剣にゴミを集める2人をよそ目に笑いが止まらない935なのでありました。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 29位にランクイン!この調子で目指せ25位以内! (現在のランキングは こちら からご確認頂けます) ↓↓↓↓↓ 人気ブログランキング参加中!このボタンをクリックしてください♪

続きを読む

暗闇に映し出されたのは・・・

夜、遠くのスーパーに買い物に行く度に気になるスポットがあった。 周りには街灯もないような真っ暗闇の田舎道に、 浮かびあがる異様に明るい空間。漁火のようだ。 よく見ると電球が等間隔に設置されている。 なんだか気になって、近くまで見に行ってみることにした。 光に近づくと、036が 「ああ、電照菊か・・・」 とつぶやいた。 「デンショウギク?」 ってなんだろ。聞いたことがないぞ。 さっそく家に帰ってネットで検索。電照菊とは・・・ 「菊は日長時間(昼の長さ)がある一定よりも短くなると花を咲かせる 性質を持っているため、夜間に圃場内を電照し人工的に日長時間を 調節することで、花の咲く時期をコントロールすることができる」 なるほど。あれは、菊に昼間だと勘違いさせるための光だったのか。 葬祭や法事など季節を問わず菊が使えるのも、こんな栽培方法があったからなんだ。 いろいろな作物の生産現場を見てきたけれど、あの夜の畑の眩さにはびっくり。 この土地で新たな発見がまた1つ増えた夜でありました。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ おかげさまで35位にランクアップしました!この調子で頑張ります♪ (現在のランキングは こちら からご確認頂けます) ↓↓↓↓↓ 人気ブログランキング参加中!このボタンをクリックしてください♪

続きを読む

清流日本一!

我が家の前を流れる 「宮川」 が国土交通省の 1級河川の水質調査で今年も1位になりました! 昨年は11位と順位を落としたものの、 それ以前も毎年1位に輝く自慢の清流。 川面がキラキラと輝き、鮎が飛びはねる。 水は冷たく、澄んでいて、観る場所や角度によっては 深い部分がエメラルドグリーンに染まる。 そんな清流を毎日眺めながら生活できる私は 本当に幸せものだと思う。 明日も川に降りて、真夏の涼を楽しむとしよう。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 50位台にランクアップ!1ページ目復帰の日も近いか!? (現在のランキングは こちら からご確認頂けます) ↓↓↓↓↓ 人気ブログランキング参加中!このボタンをクリックしてください♪

続きを読む

小さい秋みつけた?

相変わらず暑い日が続いています。そして、雨が降りません(涙) 夕立がきても、大地を潤してはくれないのです。 刈りならしも終わり、そろそろ茶畑に肥をいれたいのですが・・・ そんな夏、真っ只中の畑で、秋の気配を発見! 写真のイガグリ君。まだまだ小さくてトゲも黄緑色。 触っても、ふんわりと柔らかいんです。 これが秋になると、大きな栗を包み込んで、地面を埋め尽くす。 春の筍と秋の栗は我が家自慢の旬の味覚。 まだまだ暑い日が続きそうだけど、ほっくほくの甘ぁ~い 栗に期待して、日々の仕事に励むとします。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 60位台にランクイン!50位以内目指して頑張ります♪ (現在のランキングは こちら からご確認頂けます) ↓↓↓↓↓ 人気ブログランキング参加中!このボタンをクリックしてください♪

続きを読む

炎天下仕様

昨日から茶畑の「刈りならし」をしています。 この作業は、秋の番茶の収穫に向けて、茶葉の刈り取り面を 整えるために行います。こうすることによって、お茶の品質を 悪化させる古葉や小枝の混入を防ぐことができるんです。 しかし、猛暑日にこの作業はなかなかつらい。 帽子をツバの大きな麦わら帽子に新調したものの・・・ 炎天下の茶畑で陽射しを避けられるわけもなく。 というわけで、刈り取りの機械を炎天下仕様にモデルチェンジ! 市販のパラソルを立てるだけで、あら不思議。 気分だけは海水浴場にいるような快適さ。 これで風が吹けば文句なしなんだけどな。 さすがにお天道様はそんなに優しくないみたい。 仕事に励む旦那様が熱射病に倒れないことを祈る日々です。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 相変わらず70位台から脱出できません。応援よろしくお願いします! (現在のランキングは こちら からご確認頂けます) ↓↓↓↓↓ 人気ブログランキング参加中!このボタンをクリックしてください♪

続きを読む

おサルな036

お盆休み、3泊4日で東京の実家に帰っていました。 上りはお盆ラッシュも関係なし。これは便利。 ランチやショッピング、映画鑑賞と盛り沢山の休みを満喫。 036も美味しいモノ食べて、ビール飲んで満足した模様。 ただ、日常的に身体を動かしている036にとって、東京での 生活は怠惰そのもの。実家の愛犬を散歩という名の トレーニングに駆り出し、夜はブートキャンプに励むものの・・・ まだまだ動き足りないらしく、ついにクライミングにまで挑戦。 たまたま近所に発見したジムに飛び込み入会。 インストラクターに教えてもらった初心者コースは楽々とこなし、 中級コースで悪戦苦闘しながらも、嬉々として岩山に向かう。 そんな036を半ば呆れながら眺める935。「この姿はまさしくサルだなあ・・・」 上級コースを素晴らしいボディバランスでこなす常連さんに 刺激されて、「もっとトレーニングしなくちゃ」なんて言い出す始末。 手首と握力を鍛えるパワーボウルというグッズも購入してやる気満々。 どこにいても、036の筋力増量?脂肪燃焼?意欲は絶えないようです。 今日から畑仕事再開。夏バテに気をつけて頑張ってもらいましょう! ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 夏休み中に75位までランクダウン。更新がんばらなくっちゃ! (現在のランキングは こちら からご確認頂けます) ↓↓↓↓↓ 人気ブログランキング参加中!この…

続きを読む

お盆休みは東京へ

明日から036のお茶仕事もお盆休み。 というわけで、935の実家、東京に行ってきます! それでは、皆さんもよい夏休みを♪ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 60位前半までランクアップしました!この調子で頑張るぞ! (現在のランキングは こちら からご確認頂けます) ↓↓↓↓↓ 人気ブログランキング参加中!このボタンをクリックしてください♪

続きを読む

川に犬の洗濯へ

うだるように暑い日が続く三重県は度会です。 こんな日は洗濯物がよく乾くこと。 洗濯・・・よく乾く・・・なにか洗うべきものが・・・ そうだ!たる(我が家の愛犬)を洗いに行こう! というわけで、近くの川原に行ってきました。 うちのワンコ、シャンプーが大嫌い。 ペット用の拭き取りシャンプーをたまにするけど、 いつも土の上でゴロゴロしているのでかなりばっちい。 シャンプー嫌いのくせに、川は大好きで、大喜びで飛び込んでいく。 →さすが、ラブラドールの血が入っているだけある。 川泳ぎのついでにたるを洗おう、というのが今日の目論み。 まずは好きに泳がせて、満足した頃、たるの足がぎりぎり 届くぐらいの浅瀬でゴシゴシゴシゴシ。顔も洗わなきゃ。 シャンプーなしの水洗いとはいえ、身体中の泥が流れて なかなかの男前になりました! この生活、なんだか 「おじいさんは山へ芝刈りに、 おばあさんは川へ洗濯に」 みたいだ。 大きな桃の漂着も期待しつつ、今度はペット用のシャンプー 持参で犬洗濯を目論む935なのでした。(怒られちゃうかな?) ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ もうちょっとで50位以内復帰!応援よろしくお願いします。 (現在のランキングは こちら からご確認頂けます) ↓↓↓↓↓ 人気ブログランキング参加中!このボタンをクリックしてください♪

続きを読む

茶色はなぜお茶の色ではないのか?

今日は036が植木やさんよろしく、家中の木の床屋をしていた。 (人によっては、「伐採」に見えるかも・・・) 夕方になって雨が降ったら、辺りに土と緑の香りがたちこめて・・・ なんだか田舎生活の幸せを感じてしまった。 窓から茶畑を見ていて、ふと036と弟の会話を思い出した。 「どうして茶色は“お茶の色”(=緑)じゃないんやろな?」 確かに、日本でお茶といえば、緑茶!お茶の葉も淹れたお茶も緑色。 なのに、どうして、茶色は「褐色」を表現する色になったんだろう。 妙に気になったので、調べてみた。 答えは簡単。茶を染料として染めた布の渋色を「茶色」と言ったのが由来だった。 言われて見れば、日本茶アドバイザー養成講座で見た茶染めも茶色だった! でも、染めた後の色じゃなくてもいいのに・・・(下の画像をクリック!) と思って、さらに調べてみると、江戸時代に「宇治製法」と呼ばれる 現在のような製茶法が確立されるまで、日本のお茶は「釜炒り」などの 様々な手法で作られており、それらの茶の色は「褐色」だったと考えられる。 つまり、色の名前が決まる頃、色に名前を付けるような人々が一般的に 目にしていたのは、青々と広がる茶畑ではなく、褐色のお茶だったんだ。 納得はいくけど、茶色が「褐色」なんてちょっともったいないな。 お茶の緑は本当に冴えた美しい色なのに。 そこで935は考えた!緑のお茶の色を表現する言葉、「おちゃ色」!笑 これだったら、誰も「茶色」を丁寧…

続きを読む

農家のヨメの鈍感力

本屋さんで平積みになっていたので、 『鈍感力』(渡辺淳一著)を買って読んでみた。 この本では一般にはマイナスのイメージのある「鈍感」 という力を「極めて前向きな生き方」として捉えている。 その大切さを、身体、仕事や恋愛といった様々な角度から 説いており、テンポがよく、楽しんで読むことができた。 この鈍感力、農家のヨメにとっても大事な能力かもしれない。 (農家のヨメに限らず、嫁という立場において言えることかもしれないけど。) 同居しているか否かに限らず、嫁姑って本当によく問題になる。 これって、お互いが相手に対して過剰に敏感になっているために 起こることなんじゃないかな?両者もしくはどちらかが鈍感力を 備えることで、けっこうな問題が解決できるのではないかと。 農家は家族経営の場合が多く、ヨメの立場も、 サラリーマンのそれとはかなり異なると思う。 働き方、家業への関わり方でもめている人も多い。 だからこそ、人一倍の鈍感力が必要なのではないだろうか。 「嫁」という立場には常にストレスがつきまとうのは当たり前。 気にしない、気にしない、と前向きに嫁生活を楽しめる姿勢、 鈍感力を武器に、ハッピーライフを歩んでいきたいと思う。 【追記】 この本を読んで驚いたのは、うちの旦那がここに書かれている内容に すっぽりと当てはまること。彼の鈍感力は並大抵のものではありません。 それが、時々私の逆鱗に触れるのですが、こうやって幸せな生活が …

続きを読む