農家のヨメの鈍感力

本屋さんで平積みになっていたので、 『鈍感力』(渡辺淳一著)を買って読んでみた。 この本では一般にはマイナスのイメージのある「鈍感」 という力を「極めて前向きな生き方」として捉えている。 その大切さを、身体、仕事や恋愛といった様々な角度から 説いており、テンポがよく、楽しんで読むことができた。 この鈍感力、農家のヨメにとっても大事な能力かもしれない。 (農家のヨメに限らず、嫁という立場において言えることかもしれないけど。) 同居しているか否かに限らず、嫁姑って本当によく問題になる。 これって、お互いが相手に対して過剰に敏感になっているために 起こることなんじゃないかな?両者もしくはどちらかが鈍感力を 備えることで、けっこうな問題が解決できるのではないかと。 農家は家族経営の場合が多く、ヨメの立場も、 サラリーマンのそれとはかなり異なると思う。 働き方、家業への関わり方でもめている人も多い。 だからこそ、人一倍の鈍感力が必要なのではないだろうか。 「嫁」という立場には常にストレスがつきまとうのは当たり前。 気にしない、気にしない、と前向きに嫁生活を楽しめる姿勢、 鈍感力を武器に、ハッピーライフを歩んでいきたいと思う。 【追記】 この本を読んで驚いたのは、うちの旦那がここに書かれている内容に すっぽりと当てはまること。彼の鈍感力は並大抵のものではありません。 それが、時々私の逆鱗に触れるのですが、こうやって幸せな生活が …

続きを読む