農家のヨメの品格

流行にのって、 『女性の品格』 (板東眞理子著) を読んでみました。 「お礼状を書く」 「約束を守る」 「姿勢は正しく」 等、ごくごく当たり前のようで、 でもちゃんと出来ているかな?と不安になることが淡々と書かれています。 ミリオンセラーになるほどの内容か?という気がしないでもありませんが、 自分の生活を見つめ直すという意味では、一度読むのも悪くないかも。 さて、この本の中で、1つ気になる文章の引用がありました。 「神よ、私に変えるべきものを変える勇気と、変えられぬものを受け入れる寛容さと、 変えられるものか、変えられぬものかを見分ける知恵を与えたまえ。」 都会と田舎を往復する日々の中で、田舎の生活、農業という職業では 得られないものにどうしても目がいってしまうことがあります。 田舎にしかない価値、都会では得られないものもたくさんあるはずなのに・・・。 結婚するときに決意した 『農業とITの融合』 も、古くからの風習や地域の目もあって 「出る杭は打たれる」 になるのではないかという不安もあります。 街灯もないような所で生活するようになって半年、色々な事を考える日々の中で、 この文章を読んだとき、ああ、私にもこの力が必要なんだな、と思いました。 行動に移すべきこと、現状を受け入れるべきもの、その判断が的確にできるようになりたいな、と。 本の主題からはかなりずれてしまった感はありますが、得るものはありました。 とりあえず、人に会わないの…

続きを読む