2011年03月28日

私にできる事を

20110328_1.jpg

今日、東北地方太平洋沖地震の救援物資として
オムツと粉ミルクを提供させてもらいました。
家にあったものですが、ちょっとでも役に立てればと思って・・・。
このオムツや粉ミルクを使うお母さんや赤ちゃんがどんなに
大変な生活をしているかと思うと胸が苦しくなります。
1日も早く明るい笑顔が戻ってくれることを祈ってます。

ここ三重県は宮城県の救援を担当しているようで、
宮城県から要請があった物資を町が取りまとめ、
三重県を通じて被災地に送ってくれるそうです。
少しでも自分に出来ることを見つけて行動に移したいです。

今日はぽかぽかいいお天気で夕方になっても上着がいらないくらいでした。
桜のつぼみも膨らんでいます。開花までもう少しですね。
036は昨夜、防霜ファンの点検で深夜に畑をまわってきました。
お茶の芽が出だしたこれからが霜との闘いです。
私たちができること、皆さんに喜んで頂けるお茶を作る、
そのために日々の仕事をしっかりとやっていきたいと思います。

20110328_2.jpg
posted by 農家の嫁 茶娘 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ 茶むすめの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月25日

一番茶収穫に向けて

20110325_1.jpg


東京での出店が一段落してほっとする間もなく畑の作業が大忙し。
一番茶(新茶)を収穫するための準備に追われています。

上の写真は先週に行った整枝作業。
分かりにくいかもしれませんが、茶樹の左半分が枝が
伸びた状態、右半分が刈った後になります。
こちらは乗用の茶刈り機が入れない斜面の茶畑なので、
手刈りの機械で半分ずつ刈っていきます。
ここから伸びた新芽を収穫して「新茶」を作ります。

下の写真は茶畑に立っている扇風機の点検、修理作業。
電柱に登って行う作業なので大変です。
風が強くて激寒!と036が嘆いてました。
この扇風機は防霜ファンと言って、これから一番茶の
収穫まで霜で新芽がダメになってしまうのを防ぎます。
※夏に畑で涼むためのものではありません!笑

本格的な新茶シーズン到来まであと1ヶ月。
この時期が一番ドキドキ、ソワソワするんですよね〜。
今年もおいしいお茶が作れるように頑張ります!

20110325_2.jpg
posted by 農家の嫁 茶娘 at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ 茶むすめの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月22日

まずは元気を出そう

20110322.jpg

またもや更新が滞ってしまいました。ご無沙汰しております。
自分に何ができるかを考え、行動している方々を見ているうちに
このままじゃだめだ!と思い、やっと筆をとりました。

東北地方太平洋沖地震の後、ずっとブログを更新できずにいました。
地震情報を流す番組を探しては、テレビに釘つけになる自分・・・
それだけじゃ何にもならないと分かっているのに身も心も重くて。

先週頭からずっと036が家を空けていたということもあって、
寝室で子供だけを寝かしていると不安になって、
ベッド脇のライトをたよりに仕事をしたり。。。

もし災害にあったら子供たちを守ることができるのか、
そんな事を想像しては奥歯の震えを必死でこらえ、
被災された方を想っては涙ぐみ、静かすぎる夜を過ごしていました。

震災から数日たって、宮城に住む親しい友人から「一応、大丈夫」
とだけメールがありました。心底ほっとして、少し元気になったけど、
「一応」の意味を考えると、やっぱり気持ちが楽になることはなかった・・・。
(後からのメールで電気も水道も復旧の目処がたっていないことを知りました)

ここは、揺れることもなく、給油の制限もなく、普段の生活が続いているので、
テレビの中の出来事がまるで現実ではないような気がしてしまったり、
不自由のない“今”が余計に自分の無力さを突きつけられた気がして・・・。

でも友人からのメールには「大変だけど生きてるから」とありました。
困難な状況の中でも前向きに歩もうとしている人がいる、
すでに自分なりの方法を考え、支援のために動き出している人がいる、
まずは私も元気を出さなくちゃ!そして考えなくちゃ。

悲しいニュースは多いけど、やっぱ日本人っていいな、すごいな、
世界中に心は通うんだ、国は関係なく「人」なんだ、
そんな風に心が温かくなる事にもいっぱい気づけました。

第一歩、本当に小さな一歩だけど、まずは元気になります。
最後になりましたが、被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
1日も早く、日本に、そして1人でも多くの人に笑顔が戻ることを願って・・・
posted by 農家の嫁 茶娘 at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | ◆ 茶むすめの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

おかあさんはきめたの

おかあさんはきめたの

あっという間に2月が終わって、3月になってしまいましたね。
ブログもしばらくサボってしまいました。
なんだかノっているときは毎日でも更新できるのに、
どうしてこうも波があるんでしょう?

さて、今日は絵本の紹介です。
もと編集者で現在も出版関連の仕事を続ける私の母が
孫のためにと定期的に絵本をプレゼントしてくれます。
先月もらったのがこちら。

この絵本のくまさんのお母さんがとってもカワイイのです。
おかあさんはある朝、「ぜったいぜったいおこらない!」
って決めるんですが、おとうさんも子供たちもやりたい放題。
夕飯までがんばって、その結末は・・・?
ぜひぜひ読んで確認してみてください。

自分の子育てを考えた時、悪い事をしたときに怒るのはもちろんですが、
それ以外はいつも笑顔で接したいと思っています。
子供は自分自身を映す鏡だと感じることがたくさんあります。
子供が機嫌が悪いとき、なかなか言うことを聞いてくれないとき、
大抵は相手をしている私が笑顔になれていないんです。
笑顔でいれば、自然と体調もよくなるから不思議ですよね。
それを意識して子供と接していたら、毎日がよりHAPPYになった気がします。

子供が生まれたとき、子供と自分の人生が幸せになるように
もっと強く、そして魅力的な女性になりたいと思いました。
そんな気持ちをこの本を読む度に思い出します。
「おかあさんはきめたの、いつも元気で笑顔でいるからね」
posted by 農家の嫁 茶娘 at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ 茶むすめの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする