まかない和どんぶり

今日は朝からしとしと雨。東海地方も梅雨入りしたようです。 明日は保育所の運動会の予定なんだけど、この分だと延期ですね。 日曜日も無理っぽいから来週かな・・・。 一番茶が終わって一休み!といきたいところですが、 6月下旬に始まる二番茶に向けて畑作業は盛りだくさん。 夏まで休みという休みは取れそうもありません。 それでも夕方のちょっとした晴れ間に近所の公園で リフレッシュしたり、心身共に健やかに、頑張ってます! この写真は先日の昼食。朝番組ZIPのお料理コーナー 「moco'sキッチン」で紹介されたどんぶりを作ってみました。 まぐろ、おくら、キュウリ、たくわんを青じそとごまで和えてごはんに。 私的にはヒットだったんだけど、036は『たくわんはいらない』だって。 というわけで、今日もリベンジで作ってみました。 (火曜と金曜は近所のスーパーのクーポンで刺身が安い!) 036のはまぐろより好きなサーモンでたくわんなし、 前回の青じそをカイワレに変更してリベンジ。 こちらはかなり好評でした。 私はたくわんを増量したら、美味しかったけど口が疲れた・・・ 朝の番組のお料理紹介はそのままお昼ご飯の献立に 使えることがあって重宝しています。毎日3食のごはん作りは 気が滅入るけど、こうやってレパートリーが増えると嬉しい! お昼に簡単に作れるどんぶり系メニューたくさん紹介して欲しいです♪

続きを読む

筋肉痛の原因は

今日は036が朝から筋肉痛に悩まされています。 というのも、昨日深刈りという作業を行ったから。 写真のこれ、今の時期に行う作業で「深刈り」や「中刈り」といいます。 5~6年に1回の作業で、お茶の樹を25cm程刈り落とします。 そうすることで、樹に勢いが戻り、良い芽が出るようになるんです。 もちろん来年の収量は少し落ちてしまいますが。 お茶の収穫の時のように伸びた芽だけを刈るのではなく、 枝の部分にもかかってくるので、力もいるし、枝は飛んでくるし・・・ 乗用の機械が入れる茶園だったら話は別ですが、 手刈り園では重労働!筋肉痛にもなるわけです。 これもおいしいお茶を作るため! 036&義弟、頑張ってます!

続きを読む

一番茶終了!

一昨日、無事に一番茶の収穫&製茶がすべて終わりました。 えっと、更新を怠っている間に一番茶が始まり、終わってしまったんです。 チェックしにきて下さっていた方、本当に申し訳ありません。 というのも、先月下旬から2人の子供が体調を崩し、 プール熱にかかって保育所出席停止を順番にやり、 さらには風邪をこじらせて、ひたすら看病の日々だったんです。 下の子も4月から保育所に通い出して、今年の一番茶は 工場を手伝うぞー!と意気込んでいたんですが、 そうは親の思うようにはいきませんね。 工場の手伝いどころじゃありませんでした。はぁ~。 母親業が最優先!という理解のある家族のおかげで なんとか一番茶を乗り切ることができました。 というわけで、この1ヶ月の出来事を写真を交えて簡単にご紹介。 上の写真は新茶の芽を収穫する前の茶畑。 茶園の鮮やかさが際だっていると思います。 この写真は新芽の茶畑と御茅場(おかやば)。 後ろに見えている山の中間部分の木がないところ、 ここで伊勢神宮の茅葺き屋根に使用する茅を栽培しています。 まさに伊勢神宮のお膝元、のお茶産地な訳です。 こちらは、5月5日に実施したお茶の手摘みの様子。 体験にはたくさんの家族連れが参加してくださいました。 お茶の芽を1本1本丁寧に摘み取っていきます。 これが「手揉み茶」の原料になります。 これが出来上がった手揉み茶。(下の写真) 手摘みを行ったその日の午後に036達…

続きを読む