2011年11月30日

毎冬恒例の竹切り作業

こんにちは!お気楽お茶農家の嫁、茶むすめです。
すっかりご無沙汰してしまいましたー(T_T)
怒濤の外出ラッシュも一段落、たくさんのインプットを
ちょっとずつアウトプットしていければと思ってます。

さて、今日は冬の恒例作業(しかもお店定休日の水曜日に必ず開催される)の
竹切りの様子をご紹介します。毎年のことですが、お付き合いを♪


20111130_7.jpg


我が家は目の前を流れる川との間に竹林があり、
飲食店でも竹林越しに見える風景が自慢になってます。
でも、竹林って放っておくと荒れ放題に(>_<)
あっという間に竹が増えて、向こうの景色なんて見えなくなっちゃう。

そこで、竹が水をあげなくなったこの時期に、えいやっ!とやっつける訳です。

切った竹は、義父が自家製の炭焼き釜で焼き上げ、竹炭に。
(お店で出している鰻はこの自家製の竹炭で焼き上げます!)
枝や笹(葉っぱ?)の部分は粉砕して畑に撒きます。
竹林の管理だけでなく、余すところなく竹を利用しているんですよー!



20111130_1.jpg


上の写真は切り出す竹を選んでいるところ。
春の筍掘りの時もすべて収穫するのではなく、
竹として残すものを選んで、大きくさせています。
竹には生えた年度をマジックで記入、徹底管理ですねw


20111130_3.jpg


切った竹を引っ張り上げます。斜面に生えているのでなかなかの重労働。
めっちゃ腰が痛くなるらしいです。私もちょっと持ち上げてみましたが、
かなり重くて運ぶのは無理(>_<)って感じでした。


20111130_2.jpg


この後、枝を落とす作業があるのですが、写真を撮り忘れました。。。
(竹の枝については過去に記事にしたことがあります→ こちら


20111130_4.jpg


枝を落とし、長さを揃えた竹をこうして並べておきます。
この後、竹炭にするためにさらに小さくカット、
縦に割る作業もあるのですが、それはまた後日ご報告しますね!


20111130_5.jpg


取り除いた枝や葉っぱはまとめておいて粉砕機にかけます。


20111130_6.jpg


こちらが砕いた竹チップ。これを茶畑の畝間にまきます。
そうすることで、雑草予防になったり、長い歳月が経つと
土が軟らかくなったりする効果があるようですよ!

20111130_8.jpg




この作業が始まると、「ああ、本格的な冬到来だな〜」という感じがします。
部屋で作業していると、外から義父の薪割りの音が聞こえてくるし!
(切った薪で五右衛門風呂を焚いているんですね〜)

夕飯の食卓も鍋物ばかり。ちょっとでもレパートリーを増やそうと
月曜日にお料理教室に行ったので、その様子を次回アップ予定です!
さあて、頑張った036さんのお酒のつまみでも用意するとしますか!

posted by 農家の嫁 茶娘 at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ 茶むすめ夫の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

イクメン農家!

20111123_1.jpg


こんばんは!やることいっぱいなのにおねむモードの茶むすめです。
今日は久しぶりに子供たちを連れて外出したからどっと疲れが・・・(T_T)
でもイキイキと遊ぶ子供たちを見てたら、元気が湧いてきましたよ♪
036は今日も手揉み。競技会に向けてみんなで練習です。
そして明日から静岡へ。今月は半分くらいしか家にいません(^_^;)

そうそう、昨日「AKB○田●子レーシック治療受けていた」というニュース記事を見て、
「あ!そういえば私もレーシック受けたんだった!」と思い出しましたΣ(゚∀゚*)
この素晴らしくよく見える目は天然ものじゃなかったんだわ!忘れかけてた!w
結婚前に036に「目がいいヨメと、金があるヨメ、どっちがいい?」と聞いたら
迷うことなく「目がいいヨメ!」と答えたので、嫁入り道具として
2.0にまで回復した裸眼日本茶アドバイザーの資格を携えて
三重にやってきたのです。(その後、日本茶インストラクターも取得)


ありゃりゃ、またタイトルと関係のない話を・・・最初から脱線ですね。。。

さてさて、今日の「日本農業新聞」に036が『イクメン農家』として紹介されました!
我が家では当たり前のことと思っていたけれど、
ここまで夫が育児に関われるのって農家だからこそ、なのかな〜と再確認。
私は、仕事や育児、生活、人生そのものにおいて、時間や想い、
本当にたくさんの事を共有できるのが、農家の強みだと思っています。
仕事とプライベートが切り離せないとマイナスに捉えることもできるけれど、
「楽しむ」がテーマの我が家にとっては、すべてがプラスの要素

農家ってこんなに楽しいこと、いいことがいっぱいあるよ!(^o^)って
楽しんでいる私たちを見て、みんなも楽しくなってくれたら嬉しいな、
家族だけじゃなく、もっと多くの人と「楽しさ」を共有したいなーと思う今日この頃です。

20111123_2.jpg

posted by 農家の嫁 茶娘 at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | ◆ 茶むすめからのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

専門家派遣&Web研修会

20111120.jpg


こんばんは!お気楽お茶農家の嫁、茶むすめです♪
寒さが厳しくなってきたので、我が家もストーブの出番!
餅を焼いたり、焼き芋を作ったり、ストーブってほんと優秀(*^_^*)

さて、上の写真を見ていただければ分かるように、
我が家(母屋)には「五右衛門風呂」があります。
義父曰く、「ぬくたいぞ〜一度いらしたろ!」(温かいから、一度入ってみろ)
なのだそうですが、ここに嫁いでもうすぐ5年、
未だにどうしてもチャレンジできずにいます。。。(T_T)

それでも風呂焚きの様子を見ているだけでも面白い!
竹筒の空気を送り込む道具もよくできていますよね!



さてさて、前置きが長くなってしまいましたが、
本題は全然関係のない、昨日のお話。

午前中は商工会の専門家派遣制度を利用して、
以前私が参加したセミナーの講師で、ヒッキーちゃんを解消するきっかけを作ってくれた、
かけるWebやさんリナゾーコムの「リナゾさん」に個別指導をお願いしました。

茶むすめの情報発信全般へのコンサルティングということで、
改善点を洗い出したり、アドバイスを頂きました(^o^)
やるべき事が明確になり、モチベーションもUP!
最近やっと自分たちの進むべき方向性、目指す場所が
見えてきた感じで、客観的な立場から「それでよし!GOだ!
って背中を押してもらえた感じがして、すごく嬉しかったです。


そして、午後は同じくリナゾさんに講師をお願いして、
伊勢志摩地域限定のSNSのメンバーを募ってWeb研修会!
「Webを楽しむ」をテーマに、笑いあり、学びありの
充実した時間を仲間と共有することができました。
たくさんの感謝の言葉を頂いて、やってよかったなーと感激。

私たち夫婦は、“何でも楽しむ”をモットーに仕事に取り組み、
人生を謳歌していますが、みんなで楽しんだ方がもっと楽しい!
ということを再確認した1日でもありました。

この楽しさを皆さんにもお裾分け(え?いらないってw)できればいいな〜と思ってます。
夫婦共々(あ、子供たちもね!)今後ともよろしくお願い致します♪

posted by 農家の嫁 茶娘 at 23:10| Comment(2) | TrackBack(0) | ◆ 茶むすめの勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

れんこんオンパレード

こんばんは。お気楽お茶農家の嫁、茶むすめです。
昨日、たっぷり寝たからか、今日はすこぶる好調!
旦那は、全国農業青年クラブ連絡協議会会長の結婚式に参列するため新潟へ。
子供たちも寝かしつけたし、自分の時間を有効活用させてもらってます!!


さて、もう1ヶ月近く前に届いた荷物、開けてびっくり!


20111119_1.jpg



こ・・・これは、いったい何・・・???


理解するまでに少々時間を要しましたが、
立派な立派な色白美人のれんこんさん♪でした!
ワタクシ、レンコンを節ごとに切ったものしか見たことがなくて、
こんなにいくつも連なっているのを見て衝撃を感じてしまいましたΣ(・ω・ノ)ノ!w


こんなゴージャス(?)な食材を送ってくれたのは、茨城のれんこん三兄弟
農業雑誌Agrizmの企画で一緒にマルシェ出店した時からのお付き合いです。
今年初のマルシェ出店の際に顔を出してくれて、
お茶とれんこんをトレードすることになったらしく。


こちらのれんこんは見た目の美しいのですが、味も格別!
さっそくソテーで頂きます。味付けはクレイジーソルトのみ。
しゃきっしゃきの食感とクセのない味わい。もうこれだけでご馳走です。

20111119_2.jpg




夕飯のおかずはひき肉と一緒に炒め物に。お肉との相性もバッチリ!
ただ、ひき肉がポロポロとこぼれて食べにくかった。それはちょっと失敗。

20111119_3.jpg




ある時の晩ご飯。左奥がきんぴら、白く見えるのが酢バス。
定番のお料理でも、その味のよさが際だちます。

20111119_4.jpg




揚げ物は一切しないダメ嫁に変わって義母が作ってくれた天ぷら。
他のどんな食材よりも存在感を発揮して、この日のメインディッシュだったれんこん。
さっくさくのしゃっきしゃきで、子供たちもメロメロになってました(*^_^*)

20111119_5.jpg





キレイに並べて・・・これは何を作るところでしょう???

20111119_6.jpg



粉砂糖を振ってお菓子???・・・ではなくて、小麦粉を振って下ごしらえ中。

20111119_7.jpg




あれれ??ハンバーグ?れんこんはいずこ?

20111119_8.jpg




ジャーン! 裏側はこんな感じ!

20111119_9.jpg




レンコンのはさみ揚げが食べたかったんだけど、
揚げ物はハードル高すぎるので、レンコンの肉詰めになりました。
鶏ミンチであっさり!これは最高のおつまみになりました。036大絶賛。

20111119_10.jpg



本当はこれ以外にも「れんこんの青のり焼き」を作ったんだけど、
写真を撮るのを忘れちゃったみたい。あれも美味しかったなぁ〜。

で、なんでそんな前の話を今更・・・なのかというと、
実はチルドに最後の一節のれんこんが残っていたことを
忘れちゃってたんです!そして、今夜のおかずとして
再び天ぷらを義母がご馳走してくれましたー!(*^_^*)

1ヶ月近く放置されていたにも関わらず、見た目も味も全然変わらず。
同封されていたパンフレットには保存の目安が3日〜1週間って
書いてあったけど、もっと長くても平気なんじゃないかなぁ。
ラップできっちり包んでチルドにいれてただけだし。

おめでたい食材「れんこん」様にあやかって
「見通しがきく」能力を備えたいものです(^_-)


最高に美味しいれんこん、ご馳走様でした!!

posted by 農家の嫁 茶娘 at 23:14| Comment(2) | TrackBack(0) | ◆ 茶むすめの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月17日

伊勢東京県人会発足?

20111117_1.jpg


こんばんは!お気楽お茶農家の嫁、茶むすめ935です!
ここ数日はブログを毎日更新できていて気持ちいいっ♪
それだけ、書きたいことがいっぱいの日々です(*^_^*)

そんな今日はうちのお店でプチ昼食会?をしました。
先日知り合ったばかりのイチゴ農家の友人
(・・・といっても就農したばかりで、まだイチゴは収穫経験無w)が、
ぜひ935さんに紹介したい!と2組のカップルを引き合わせてくれたんです。

伊勢市内でイチゴ農家を営むMさんご夫婦と2歳の息子さん、
そして同じ町内の農業法人で一緒に働いているS君とその彼女さん。
なんと今日集まったメンバーは全員関東に縁のある方々!!
(東京出身2人、千葉出身2人、千葉に居住歴ありで嫁が千葉出身)


この年代で農業に携わる方が非常に少ないこの地域で



 ・伊勢周辺で農業をやっていて

 ・同年代で

 ・東京周辺出身



こんな共通点が揃ったら、そりゃあもう仲良くなるしかないですよね!!


久しぶりに伊勢弁がまったくない標準語オンリートークで盛り上がりました。


同じような境遇だから分かり合えることがたくさんある!
ずっとつながっていたい仲間とまた出会えました♪


この場をセッティングしてくれた友人(本人は無念の不参加)に大感謝です。
私の三重ライフ、ますます楽しくなってきましたよ〜\(^o^)/


※ 写真は記事の内容とまったく関係ないけれど、
  1歳の弟に「でんぐりがえり」を教えようとする3歳の姉
  見事に失敗に終わってます・・・(^_^;)


20111117_2.jpg


posted by 農家の嫁 茶娘 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ 茶むすめの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

焙炉の和紙張り替え

20111116_5.jpg


こんばんは!お気楽お茶農家の嫁、茶むすめ935です。
今日も寒かったですね〜。既にマフラーの出番です!

さて、明日は036はお茶の手揉みをします。
競技会や資格試験の練習で10名ほど集まるそうです。
そして、その後に新聞社の取材。
いろいろと忙しいけど、楽しい!
充実した日々を送ってます(*^_^*)

さて、その手揉みを行う「焙炉」という台があるのですが、
この上部の和紙の張り替えをここ数日ずっとやっていました。
焙炉を使う頻度や使い方によっても違うけれど、
10年に一度くらいの作業らしく、珍しいのでご紹介です。


20111116_0.jpg


はい、これがお決まりの036の手揉みシーン。もちろん笑顔♪
この台の下から熱を加えてお茶を揉んでいく訳ですが、
台の表面の部分は和紙でできています。

手でちぎれないぐらいの分厚い和紙が3枚重ねになっています。
ちょっと破けても、その部分に和紙を張り足せばOK。
なので、写真のように継ぎ接ぎだらけに(^_^;)


20111116_1.jpg


でも、ついに継ぎ接ぎではどうにもならなくなってしまったようで・・・
今回新調することになりました!
手揉み人生の長い036にとってもまだ4回目の作業。。。


20111116_2.jpg


台の下は、こんな感じになっていて、和紙の下に1cm位の間を
あけてトタン板があります。その下にガスコンロがあって、
焙炉全体に熱を分散させています。だから和紙は燃えません!


20111116_3.jpg


和紙を貼るのはこちら、こんにゃくのり。
ゆっくりコトコト炊いたのりは貼り付きが強いのですが、
乾くのにも時間がかかる・・・(>_<)

重ねた和紙の乾くスピードが違うとしわになってしまうので、
1枚貼ると乾くまで待って・・・それが最低でも半日ぐらいかかる。
そんなこんなで5日越しぐらいの作業でやっと完成しました。


20111116_4.jpg



火をつけると紙が引っぱるので、ふちが剥がれてしまう事があるのだとか。
それに、張り替えると滑りが悪くなったりして、揉みにくいんですって。
さあて、明日の揉み心地、どんな感じでしょう???報告お楽しみに〜♪

posted by 農家の嫁 茶娘 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ◆ 茶むすめ夫の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

高校生と将来有望?な子供たち

20111115_1.jpg


こんばんは!お気楽お茶農家の嫁、茶むすめです!
急に寒くなりましたねー。でも、これが普通なのかな?
やっと我が家を取り囲む山々も赤や黄色に色づいてきそうです♪


20111115_2.jpg


今日の午後、036は再び「高校生レストラン」で有名な相可高校へ!
先日は、若手お茶農家のメンバーで調理科の高校生に対して
お茶淹れ教室を開催したんんですが、今日は台湾からの
留学生との交流会にゲストとして招いてもらったんです♪


20111115_3.jpg


通訳もつけてもらって、お茶淹れインストラクション、
50人以上の生徒さんたちに手揉み茶を振る舞ったのだとか。
お茶淹れ教室も好評なようだし、先生たちに高く評価していただき、
036も自分の取り組みへの自信につながっているようです。

( ※ 上の写真は相可高校でもらってきた生徒さん手作りの和菓子♪ )


台湾の学生さんたちには日本のお茶への興味を、
相可高校の生徒さんたちにはより一層の伊勢茶への理解へと
つながっていってくれると嬉しいです(*^_^*)
いつか我が家のお茶と生徒さんのお料理とのコラボ!
なんて実現できたらいいなぁ〜♪



20111115_4.jpg


さて、今日は何を思ったのか、1人もくもくとおままごとに打ち込んでいた茶太郎くん。
木製のおままごとセット(急須や湯呑み)をせっせと私のPC机の脇に運び、
ああでもないこうでもないと散々並び替えたりしていると、
やっと納得したのか、「じゃっじゃぁああ〜ん♪」と効果音を
つけながら、せっせとお茶淹れに勤しんでました(*^_^*)

そして、茶太郎が淹れたお茶をちゃんと茶托にのせて
父のところに運び、「どうぞ」と差し出す娘ちゃん。
(お盆を使わなかったのは惜しかった!)
さすがお茶農家の子供だけある!とちょっぴり感動した036と935でしたー♪

20111115_5.jpg

posted by 農家の嫁 茶娘 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ◆ 茶むすめの家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

つまらないセミナーから学んだこと

20111114_1.jpg


先週の金曜日、とあるセミナーに初めて参加してみました。
その後、風邪をひいてしまって書けなかったのですが、
「あまりにつまらなかった」のが悔しくて、今さらながらの更新です。

つまらなかったのなら、なぜわざわざブログに書くのか・・・というと
参加したからには何か1つでも持ち帰りたい!と思っていたのに、
それが叶わなかったので、「なぜつまらなかった」のかを追求したいと考えたから。

私が参加したのは全4回のうちの2回目ということで、
テーマは「真因追求のしかた」でした。
内容については私の理解力不足を考慮して触れず、
それ以外の要因を考えてみます。

先日、友人が“プロの司会者のすごさ”について
「講演が始まる前に聴衆の心と耳を開くアナウンスができる」
と話していて、そういう意味では今回はそれがまったくなかったな、と。
初めて参加した私は、誰が主催者(進行役)で、誰が講師なのか
はっきりと分からないまま講演が始まってしまって、
「あれれ?もう始まっているの?」という印象を最初に受けてしまったんです。
もちろん進行役の方はプロではないし、私が2回目から参加してしまったせいでも
あるとは思うんですが、やっぱり始まりはもっとキリっとしてて欲しいですね。

次に、講演の冒頭で、今日のポイントが明らかにされていなかったこと
パワポではなく、板書での進行にも面食らいましたが、
配布された資料と講演内容を照らし合わせることさえ難しかった・・・(>_<)
今日話す内容のポイントはこれとこれ!みたいな感じで、
「何を理解して帰ってもらいたいのか」が事前に明確になっていれば
こちら側も聞く体勢が整うのに・・・と思いました。
だらだらと「教えて下さる」タイプの講演は
つまらない大学の講義みたいで眠くなってしまうのです(T_T)

これで3時間半は厳しいな〜と思っていたら、後半は演習とのこと。
5人組になってワークを行います。これも的確な指示がないまま
ダラダラと始まったので、みんな「えっとぉ、何すればいいんだろぉ」
みたいな感じで、講演に引き続き“だらけた”空気が継続してました。

参加者の方がほぼすべて、会社から強制的に参加させられていて
そもそも前向きな「聴く体勢、取り組む体勢」ではなかったことも
私をがっかりさせました。内容に不満を感じてはいても、
アンケートには当たり障りのない事しか書かないのです。
もう二度とこの手のセミナーには参加しないぞ!と心に決めながら、
教室に最後まで残って、率直な感想を書いて提出してきました。

今回、私が「つまらない」と感じてしまったのは、
 ・講演内容のポイントが不明瞭
 ・ワークの内容が楽しんで取り組めるタイプのものでない
 ・他の参加者の方のムード
が大きな要因と考えられるので、私がセミナー等を主催したり
(主催とまではいかないけれど、最近そういう流れがけっこうある)
万が一にも人前に立ってしゃべるようなことがあれば、
こういう事を十分に注意しなくてはいけないな、と思いました。

講演の進め方、内容はどうあれ、『講師の方の魅力』だけで
満足度がUPするっていうのも、もちろんあると思います。
幸いにも、私の周りにはそんな魅力的な講師の方が
たくさんいらっしゃるので、そのつながりを大事にしていきたいです。

あ、あと、今回のセミナーの反省。
参加する前に、もっともっと調査しよう。
講師の方の情報だってもっと調べられたはず。
何でもかんでも参加してみればいいってもんじゃない、
時間は限られているんだから、1つお勉強をした茶むすめですw

※ 写真は全然関係ないけど、シャボン玉を楽しむ子供たち

20111114_2.jpg

posted by 農家の嫁 茶娘 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ 茶むすめの勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

全国お茶まつり@鹿児島

20111113_1.jpg


こんばんわ〜 咳と鼻水がしんどい茶むすめです(;≧皿≦)
熱が出ないあたり、036の風邪とまったく一緒。
娘から始まった風邪が見事に全員にまわりました(>_<)
でも昨日今日とだいぶ休ませてもらったので頭痛は快方へ。

さて、10日〜12日の2泊3日で036が鹿児島に行ってきました。


第65回 全国お茶まつり 〜鹿児島大会in霧島〜


これに参加するためです。

この大会、茶の生産技術の向上や消費拡大を図るため、
全国の茶業関係者が鹿児島に集まり総力を挙げて開催するもの
、だそうで。


036は『全国茶生産青年の集い』で、「茶審査技術競技会」に選手として参加した後、
400名以上の若手茶農家の大宴会で盛り上がってきたみたいです。
ひどい鼻水で味はおろか匂いがまったく分からない状態だったので、
競技会は散々な結果だったみたいですけどね・・・(^_^;)


茶業関係者とは何かと顔を合わせる機会があるので、
「新たな出会い」はそんなになかったようですが、
新しい気づき』にはたくさん出会えたみたい(*^_^*)
自分の目指す“茶農家としての方向性”みたいなものが明確になったようで、
風邪は相変わらずだったけど、より前向きに、元気に帰ってきてくれました♪



20111113_2.jpg


今回の鹿児島みやげは、定番の「さつまあげ」でしょ、
娘のリクエスト「おせんべい!」に応じて「西郷さん煎餅」でしょ、
私が喜びそうな「安納芋のきんつば」でしょ、他にもいっぱい!

20111113_3.jpg


「黒豚の角煮」と「さつまあげ」は夕飯で頂いちゃいましたー!
私がまだ足を踏み入れたことのない南九州、
036は鹿児島しょっちゅう行っててずるい!(●`ε´●)
いつか家族で鹿児島の広大な茶畑を見に行きたいものです!

※ 下の写真、「おかーさんにもちょうだい!」の一言にえ!?と固まる茶太郎w

20111113_4.jpg


posted by 農家の嫁 茶娘 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ 茶むすめの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月11日

伊勢なまり大見立番付

20111111_s.jpg


ちょっぴり不調、風邪菌?との攻防が続く、お気楽お茶農家のヨメ、茶むすめです。
今日は地元の商工会が主催するスキルアップセミナーなるものに
初めて参加します。どんな内容なんだろう?ドキドキわくわく。
というか、隣町の商工会で開催されるので、たどり着けるかどうかの方がドキドキ(>_<)

昨日は、伊勢志摩地域限定のSNSを通じて知り合ったメンバーとお茶してきました♪
このコミュニティ、最初はあまりのしょぼさに(^_^;)・・・な感じでしたが、
研修会や勉強会に参加しているうちに、大きな可能性を感じるようになってきました☆
地域を限定しているっていうのがいいのかな?
年代も職業も違う方々とのリアルな交流が私の三重ライフに大きな変化を与えてくれてます。

そんなメンバーの中で、私が「東京出身」であることはやはり異色なようで・・・
会うと必ず盛り上がるのが、三重でのカルチャーショックの話。
昨日は友人がわざわざ写真のこれを印刷してきてくれました(*^_^*)
(下のアイコンをクリックすると大きな画像が見れます)


伊勢なまり大見立番付!!


「あ〜!これこれ、何のことか分からなかった!」言葉のオンパレード。
結婚当初は家族の会話ですら?が頻繁に頭の上に出ちゃってたから、
ご近所のおばあさまに話しかけられるとニコニコしているしかなかったなぁ、
なんてことを思い出したりして、楽しんで見ています。

東の横綱 『おおきんな』 なんて、初めて聞いたときは
本当に言うんだぁ〜!! とそれだけでテンションUP(^o^)
義父がよく使う「だんない」とか「ごうわく」は今ではネタで私もよく使うように。

あと、ここには載っていませんが、買い物でお釣りをもらうときに
「○○円の“おもどし”です」って言われるのがすごい違和感で、
おもどしって言われたけど!」って買い物の度に旦那に言っては
はぁ???と逆に意味わかんねー的な反応を返されてましたね。

こちらのサイトでも「三重の言葉」が紹介されているので、
興味のある方はチェックしてみてください!

子供たちとのコミュニケーションを円滑に進めるために、
だいぶ伊勢弁をものにしてきている茶むすめではありますが、
やっぱり自分が育んできた標準語も大事にしたいなーと思う今日この頃です。

このブログでも言葉以外にも多々感じたカルチャーショックを
ちょっとずつご紹介していきたいと思ってます☆お楽しみに♪

20111111_b.jpg

posted by 農家の嫁 茶娘 at 11:40| Comment(6) | TrackBack(0) | ◆ 茶むすめの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月09日

竹やぶ復旧

20111109_1.jpg


チョコを食べる手が止まらない!?(>_<) お気楽お茶農家のヨメ、茶むすめです。
ついに娘が買いためた(そして食べない)、棒のついたキャラクターチョコにまで
手を伸ばしたら、なんだか気持ち悪くなってきました・・・(T_T)

さて、今日も朝早くから外でゴソゴソ音がしているな〜と思ったら、
なんとなんと、義父が竹やぶのお掃除をしていましたΣ(・ω・ノ)ノ!w


先日の台風被害以来、ゴミだらけでめちゃくちゃの竹やぶが・・・




すごぉ〜い!元通り!


竹やぶ越しにみる宮川の美しい風景が戻ってきました(*^_^*)



036もいつかやらなくては・・・とは言いつつもなかなかできなくて、
お義父さん、ついにしびれを切らしてしまったんです。
腰や膝を痛めているのに・・・お義父さんのパワーには脱帽です(>o<)

そろそろ炭焼きも始まります。
竹を切るためには、竹やぶがキレイじゃないと!
お義父さんに感謝しつつ、美しい風景に毎日癒されようと思います♪

20111109_2.jpg


posted by 農家の嫁 茶娘 at 15:48| Comment(2) | TrackBack(0) | ◆ 茶むすめの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

とまとオンパレード

子供2人と順番にバトルをして少々お疲れモードの茶むすめです( ̄д ̄)
日曜日から036と茶太郎が風邪をひいて、快方には向かっているモノのまだぐずぐず。
私と娘はこのまま持ちこたえられるとよいのですが・・・

さて、またお料理ネタが溜まってきたので更新です☆
先日、というかけっこう前になりますが、伊勢のトマト農家の友人から
「売りモノにならないトマトがたくさんあるからもらって〜」という
嬉しいお誘いがあり、子供を2人を連れて行ってきました!
(036は留守で、ナビを頼りに頑張りました!)
迷子になったり、車を縁石にぶつけたりと災難続きでしたがなんとか到着♪


20111028_1.jpg


友人がすぐに子供たちにトマトを差し出してくれます。
これには2人ともメロメロ(*δ,δ)σ 嬉しそうにかぶりつくと
人見知りもなんのそので、友人と一緒にハウス探検に出かけます。
娘は帰りたくなさそうにしてたけれど、お仕事の邪魔をしてはいけないので、
ダンボール箱いっぱいのトマトをおみやげに帰路につきました。

さあて、このトマトどうしましょう!?
完熟だからそのままでもか・な・り!美味しいのですが、
そんなに日持ちはしないとのこと。1食で1人1コずつ食べても
間に合わないかもっ!?なんて贅沢な悩みでしょう。
最近トマトが高すぎて買えなかった日々がウソみたいヾ( ̄∇ ̄=ノ

せっかくこないだお料理教室でイタリアンを学んできたので、
トマトソース作りに挑戦してみることにしました!
熟れすぎや割れが目立つものだけをチョイス!

20111028_3.jpg



ネットで調べた作り方には湯むきするとあったけれど、
面倒だったので、割れがあったので包丁で皮をむきつつカット!
オリーブオイルでニンニクを炒めたフライパンに投入!


20111028_4.jpg


水分が飛んでへらで字が書けるようになるまで煮詰める・・・!?


・・・のが面倒なので、相棒「活力鍋」に投入!


余熱もしっかり入れて、トマトソースが完成してたら嬉しいな♪

と蓋を開けたらびっくり! なんじゃこりゃあ〜〜〜!(#`д´)


20111028_5.jpg



水分が飛ばないんだから、こうなるのは当たり前ですよね。。。
ハイ、ワタシがわるぅございました。。。


20111028_6.jpg


と言うわけで、またフライパンに戻して煮詰めます。
(要は手を抜いてはいけないということですね。。。)


それっぽくなってきましたよ〜!

色がオレンジ色っぽいのはトマトの品種のせいかしら?
(私の腕のせい、とは言わないでぇ〜涙)




20111028_7.jpg


出来たトマトソースでパスタを作りました♪
具がシーフードミックスだったのが残念(>_<)
せっかくのトマトソースがもったいなかった・・・
でもいつものパスタとは全然違う、「本格的!」に一歩近づけたお味でした〜(*^_^*)




20111028_8.jpg


こちらは完熟トマトの甘酢あえ(オニオンスライス添え)
そのまま食べても美味しいトマトだったけど、
甘酢でからめるとさらに味が濃厚に感じて美味でした〜(^o^)




20111028_9.jpg


同じような感じだけど、タコとトマトのマリネ。
こちらは前日に茹でだこのお刺身が余ったので翌日リニューアル。
こうやって残り物をリニューアルするところは実家の母に似てきたな・・・




20111028_10.jpg


そして、これが今日の昼食、冷凍しておいたトマトソースでリベンジ!
ナスとベーコンのトマトソースにしようと思ったら、
頂き物のナスがほとんど傷んでいて、ベーコンパスタに・・・(^_^;)
それでもやっぱり手作りのトマトソースは違う!
残念だったのは、036が風邪で味が全然わからなかったのと、
せっかく買ったおしゃれパスタ皿に大盛りにしすぎて
ぜ〜んぜんおしゃれにならなかったこと(T_T)


20111028_11.jpg


ちょっとだけ残ったパスタのソースは、夕飯に。
まだある北海道ジャガイモでピザ風に♪
ほっくほくのじゃがいもとトマトの酸味が絶妙マッチ!
こちらも美味でした〜!

ソースを作って保存したおかげで、ずいぶん長く楽しめました♪
作った人の顔や想いを思い浮かべながら食べる、こんなご馳走ってないですよねっ(^_-)
娘も「トマトがなくなったからまたお友達のところに取りに行こう!」なんて言ってます。
それってすご〜く幸せなことなんだぞ〜 ┐(  ̄ー ̄)┌


それにしても、いくら傷があるからって、こんなに美味しいトマトが
売りものにならいなんてもったいないなぁ。。。
こういうのって社会の仕組み、そのものの問題になってくるんだろうけど、
こうやって消費者と生産者の直接的なつながりがあるだけで、
どちらにもメリットのある解消方法もあることを再確認。

それこそ『顔の見える関係』を、私たちも積極的に実践しながら、
地域で広めていけたらいいな〜とトマトを食べながら思う茶むすめでした☆

posted by 農家の嫁 茶娘 at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ◆ 茶むすめの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

今週末も青山マルシェ出店です

20111104_3.jpg


猛烈に忙しい日々が続いているお気楽お茶農家のヨメ、茶むすめです。
でも、毎日が楽しくて仕方ない♪だから頑張れるんですよね☆

さて、ご報告が遅くなってしまいましたが、東京出店のお知らせデス。

今週末も青山マルシェに出店します!! (^o^)/

12月からはコンスタントに出店できると思いますが、
今月は今週末だけなので、ぜひお立ち寄りくださいm(_ _)m

 【詳細】
   11月5日(土)〜6日(日) 10:00〜16:00
   マルシェ・ジャポン『青山マルシェ』に出店します!
   Farmer's Market @ UNU
   会場:国連大学前広場(渋谷区神宮前5-53-70)
  「表参道駅」徒歩3分 「渋谷駅」徒歩8分
   http://www.marche-japon.org/area/1302/

皆さまのご来店を心よりお待ちしております♪
(お越しの際はぜひ036に一声かけてくださいね!)

※写真は我が家のはっさく。だいぶ色づいてきました♪今年は豊作ですヨ☆

posted by 農家の嫁 茶娘 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ 茶むすめの出店情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

七五三

20111104_1.jpg


こんばんは!お気楽お茶農家のヨメ、茶むすめです。
昨日、3歳の娘の七五三をしました。

最近は写真館でドレスの写真も撮ったりするのが主流のようですが、
我が家の娘はあまり興味がなさそうだったので、
着物を着て神社をお参りするだけにしました。

この着物、実は義姉が3歳の時に着たものをお借りしたんです。
30年以上も前のものが、こんなにキレイに残っていて感激っ☆
お茶農家らしい新緑の色も気に入りました♪
本人も「ピカピカの着て“いちご”さん♪」と大喜び(*^_^*)
久しぶりに平日に仕事を休みにして、家族で幸せな一時を過ごしました!

「あっという間!」、「やっと3歳かぁ・・・」、いろんな気持ちがありますが、
こうやって子供の成長を祝う行事は本当によいものですね。
自然と心が温まります。私たちのもとに生まれてきてくれたことに感謝♪

これからもすくすくと元気いっぱいに育ちますように!
2人の成長を温かく見守ってくださいね♪

20111104_2.jpg


posted by 農家の嫁 茶娘 at 23:04| Comment(2) | TrackBack(0) | ◆ 茶むすめの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

安全・安心な食べ物って何だろう?

20111031.jpg


こんばんは。10月もあっという間に過ぎていってしまいましたね。。。
今日は頭がぼぉ〜&もやもや、睡眠不足がきいてる茶むすめです。
4時間ぐらい寝れば、昼間は普通に過ごせるけど、
この時間になってからのPC作業がけっこうツライ。。。
やることがいっぱいあるとはいえ、寝不足になるのは時間の使い方が下手なんだ。
もっと効率よく、仕事をこなせるスキルを身につけなくては!!


先日、ふと目にしたツイート
「2週間ぶりに3時間以上寝られる!!」
ってことは、2週間ずっと3時間未満の睡眠だったってことですよね(>_<)
上には上がいるもんだなぁ。。。と感心しつつも、
そこまでストイックにはなれないなーと思う茶むすめです。



今日は、土曜日に行ってきた講演会のことを書こうと思います。
「安全・安心な食べ物って何だろう?」と題したこの講演、
講師は科学コミュニケーターとして活躍される中西貴之さんです。
地元の青年農業士会が主催ということもあって、
知人に誘ってもらって行ってきました!
(すっかりヒッキーちゃんが解消されている今日この頃・・・w)

講演前に豪華ランチを楽しんだこともあって、
「つまらなかったら寝ちゃうかも・・・」という不安を抱えていましたが、
予想外に、というか、期待以上に面白く、有意義な時間を過ごすことができました。
テレビにも出演されていることもあってか、聞き手を飽きさせない小さな工夫もあったり、
全体的に押しつけがましくない話し方が私的には好感度大でした☆

講演会の内容は、残留農薬や食品添加物、放射能の問題など、
食卓を脅かす様々な問題を、肯定や否定することではなく、
「どういう事か考える」というスタンスで、紐解いていきます。

例えば、「輸入バナナから基準値の○倍の×××を検出!」という報道があったときに、
そのバナナをどれぐらい食べると健康に被害を及ぼす可能性があるのか、
具体的に計算してみると、実際には1日に17kgものバナナを食べなくてはいけなかったりする。
しかも、それを毎日毎日365日食べ続けて、初めて、健康に被害が出る“かも”なわけ。

科学的に正しい報道
「△グラム食べると許容一日摂取量の●%になる量の×××が検出された」



だけど、世の中は恐怖をあおるような報道ばかり。


確かに検出されたこと自体は問題だけど、それほど大騒ぎしなくても良いんじゃない?


そういう視点をたくさん教えていただきました。


では、食品の「安全」はどう判断するのか、というと
『科学的な安全性』と『消費者が感じる安心』には隔たりがあるのは事実、
科学では説明できない感情があるのは仕方がないとした上で、
ちょっとした知識と、考える姿勢があれば、情報の本質を正しく理解し、
判断につなげられる、というまとめになりました。なるほど納得(^_^)v


〜農薬・輸入食品・加工食品 の安全と安心のまとめ〜

☆メリット・デメリットどちらもあることを理解する
☆必要以上に不安にならない
☆報道に過剰に反応しない

農薬については
★農薬を使わなければ安全と思い込まない
★正しい農薬を正しく使うのが安心



私自身は、大体のことを「気にしない」タイプなので、
スタンスとしてはそれでオッケーなんだろうけど、
もうちょっと考える力、判断する力をつけたいなと思いました。
(そもそも情報収集も足りていない気がする・・・汗)

こないだの食育勉強会でもそうだったけど、何が正しいとか、
良い悪いではなく、自分や家族の人生のために考えたり
判断できる力を備えている必要があるってことなんだろうなー(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン


ここまでが、消費者としての立場での話。


では、生産者側の立場としてはどのような行動を取るべきか。
これについては、世の風潮なども含め、課題も多く、
講師の方も簡単に結論は出せないとおっしゃっていました。
ただ、消費者の方によりよい判断をして頂くために、
働きかけをしていく事は重要なんじゃないかと。


いずれにしても、正しい判断をしたり、正しい判断をしてもらったりするために、

『賢く』なりたいなーと思った茶むすめの1日でした(*^_^*)

posted by 農家の嫁 茶娘 at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ 茶むすめの遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする