桜島大根と豚軟骨の角煮

こんにちは!笑顔がテーマなお茶農家の嫁、茶娘です。 風がずいぶん強くなってきました。また明日から雪の予報とか・・・極寒列島ですね(>_<) 寒い強風の中、牛糞(しかも松阪牛の!)堆肥まきを頑張る旦那さん、 無事に終わるとよいのですが・・・ 今日もまたまたお料理ネタで。ほんと引きこもってるので、ネタが乏しくて・・・ 4月からはバリバリ働いて、記事の内容も充実させたいと思いますので、ご勘弁を~。 上の写真、単なる角煮に見えますが、実は「豚軟骨」ブロックの角煮なんです! 皆さん、豚軟骨って食べたことあります? 私は初めて見ました。鶏軟骨のからあげはよく見るし、好物です。 豚って!しかもブロックって!メッチャでかい骨見えてますけど! (調理前の肉の写真を取り忘れたのは失敗でした) この肉、先日の農産物直売所でのお茶の試飲販売の際に、 ちょうど「にくの日」で大売り出ししていたものを旦那が買ってきたんです。 (この農産物直売所がある隣町は豚肉の産地として有名なので) 普通のお鍋で煮込むと骨が柔らかくなる前に肉が溶けてしまうので、 圧力鍋を使ってじっくり火を入れるのがポイント、とのこと。 本当にこんな太い骨が食べられるくらい柔らかくなるの~??? と半信半疑で、肉とまだ残っていた桜島大根を圧力鍋に放り込んで加熱! 様子を見ながら圧を加え、大根も柔らかくいい感じに炊けました♪ ドキドキの豚軟骨のお味は~??? お肉の部…

続きを読む

スポンサードリンク