過呼吸で救急車!?

おはようございます!9月に入ったら急に涼しくなった三重県です。 (たまに夏に戻った!?ってぐらい蒸し暑い日もありますが・・・) すっかり秋めいちゃって・・・季節の移り変わりの早さにビックリ。 さて、先日の真夏のインフルエンザの記事で触れた緊急搬送について忘れないうちに書いておこうと思います。 お恥ずかしいことに、タイトルの通り『過呼吸』で救急車を呼ぶことになってしまったわけですが。。。 “過呼吸”がどんな症状が分かっている方は「それぐらいで救急車呼ぶな」と思われるかもしれません。 でも、その時は私自身も周囲もまさか過呼吸だとは思わなかったのです。 同じように過呼吸で救急車を呼んだ経験のある方がこの記事を読んで「私だけじゃないんだ」と気持ちを落ち着かせたり、同じような事態に直面した時に少しでも焦らないように、この記事が誰かのお役に立てば、との思いで綴ります。 8月上旬、茶三郎の看病をしていたら寒気がして私も発熱。その2日後のことでした。 とにかくしんどくて、飲まず食わずでベッドで横たわっていたのです。 19時半頃、あまりにも具合が悪いので、氷枕と飲み物が欲しくて旦那にLINEメッセージ。 子供たちの夕飯の世話で忙しいのか、反応なし。 LINE通話をしてみたものの気付いてもらえず。。。 どんどん具合が悪くなる。なんだか指先がしびれているみたい。 旦那は携帯に気付かない可能性が高いと思い、震える指でなんとか義母にTEL。 コールはできたけれど、電話を持つことも話…

続きを読む