竹切り作業の続き

20111214_1.jpg


こんばんは!お気楽お茶農家の嫁、茶むすめです!
すっかり更新が滞ってしまいました。ごめんなさい(>_<)
忙しいのはいつもの事なんですが、どうしても“気が乗らない”時があるんです。
書きたいことはい~っぱいあるのにっ!!
この気分のムラをなんとかしたいものです。

さて、今日は水曜日恒例の竹切り作業でした。
前回は切り出した竹の枝を払い、粉砕するところまででしたが、
今日は枝を落とした竹を切断する作業も行いました。

前回の切り出し→枝落としの段階でも竹を同じ長さに揃えていたんですが、
今日はさらに炭焼き釜にジャストフィットするサイズに切断していきます

上の写真だと背後に積んであるのが切り出した竹。
この時点で既に同じ長さになっています。
そして、写真左の義弟の手元の部分に竹の端を合わせられるようになっており、
丸く回転する歯が同じ長さで竹を切断していきます。

20111214_2.jpg


この写真はちょうど竹が切れたところ!
2人で息を合わせ、次から次へと切断していきます。

こんな感じで同じ長さにカットされた竹が積まれていきます。(下の写真)
さらに竹炭にするためには、半分に割って軒下で干し、
水分を飛ばす工程へと続くのですが、今日はここまで。

20111214_3.jpg


竹の奥に見えているのが義父手製の炭焼釜です。
炭焼きが始まると、義父は夜中も火の確認などで大変そうですが、
ダメ嫁は密かに焼き芋や焼きリンゴを作ってもらうのを楽しみにしているのです(*^_^*)

竹の切断の様子はYouTubeにもアップしてあります!
興味のある方は こちら をクリック!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック