黙想のススメ

20120924.JPG


こんにちは!月曜日の今日も元気なお茶農家の嫁、茶娘です!
急に涼しくなって、すっかり秋♪って感じですね。半袖じゃ寒いくらい。
アマゾン川のようだった川の色も少しずつ落ち着きを取り戻し、
キラキラ光る水面と竹藪を彩る彼岸花がとってもきれいです(*^_^*)

さて、今日は私のお仕事の始め方を紹介したいと思います!
タイトルにあるとおり、『黙想』 をしてから仕事をすると
とっても気持ちが良く、集中力も続くんです。

なぜに突然、黙想かと言いますと、実はワタクシ高校時代に剣道部に所属しておりました。
道場に入るときは一礼し、稽古の始めと終わりは必ず「黙想」をします。
当時は「もくそう?もくとう?よくわかんないけど、目をつぶっておけばいいや」
ぐらいに思っていたのですが(そんな心構えなので、強くなる訳がありません!)
先日、036がアマゾンで衝動買い?した『営業の魔法』(中村信二著)という本の中で
主人公も師となる人も過去に剣道をやっていたことがあり、
「黙想」について話すシーンが登場します。
本の中では「形から入ることの大切さ」を教える日本の文化を例え話に
“営業にも形がある”と風に進展していくわけですが、
私の中で黙想という形から入ること、
がなんだか私にしっくり来そうな気がしたのです。

自宅で仕事をしていて、家事や育児もこなさなきゃいけない主婦業がメインの私にとって
仕事に集中する、というのがとっても難しい環境にいます。誘惑もいっぱいあるしね。
そこで、毎朝、子供たちを保育所に送り出してから、ささっと自分の朝食を済ませ
(夜更かし朝寝坊の私は子供たちと一緒に朝食を食べる余裕がないのです^^;)
部屋と台所を片付けると、今日の私に元気をくれそうなお茶を淹れ、一口飲んでから
リビングのど真ん中に正座をし、目をつぶって、今日の仕事のイメージをします。
そして、夕方に子供のお迎えに行くまでに、やりたかった仕事を全部終えて
清々した顔の自分を想像してニヤリ。それから、私の仕事の片腕である
パソコンに向かって、三つ指をついて深々とお辞儀。

これをするだけで、その後の仕事に取り組む姿勢ががらっと変わります。
背筋を伸ばすイメージとでも言えばよいのでしょうか。
私の場合は高校時代のスパルタ稽古と自分の仕事を重ねて
「よっしゃ!やるぞ~~!」という気持ちになるんです(^_^;)

あ、でも、集中力が続かないのは相変わらず。
仕事から離れて気になるワードを検索しちゃうこともしばしば。
でも、黙想をするようになってからは、この息抜きの時間が圧倒的に短くなりました。
すぐにお仕事モードに戻ってこれるんです♪
長い時間集中しようとすると疲れが出たり、モチベーションが下がったりするので、
気持ちが切れたな、と思ったら潔く息抜きをして、すぐ戻ってくる、
この習慣もセットで身につけられたのが、黙想の大きな収穫です!

黙想・・・とまでは行かなくても、
仕事を始める前の集中力を高める“何か”を作ることをオススメします!
武道をやっていた経験がある方は昔の稽古を思い出して、ぜひ黙想、してみてください!

営業の魔法―この魔法を手にした者は必ず成功する [単行本] / 中村 信仁 (著); ビーコミュニケーションズ (刊)


※ ちなみにこの本には「仕事前に黙想すべし!」とかは書いてないので、
  あらかじめご了承ください(笑)内容はアマゾンでご確認を!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「三重県」と「農家」のカテゴリで人気ブログランキング に参加しています。
おかげさまで「農家」カテゴリではなんと2位、「三重県」カテゴリでは19位までランクアップ!
現在のランキングは、こちら でご確認頂けます。引き続き応援クリックお願い致します!


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック