お茶の手摘み体験イベント開催!

20130430_1.JPG


こんばんは!頭の元気に身体がついてこない今日この頃のお茶農家の嫁茶娘です。
一番茶の収穫が始まるこのタイミングでの連休、
月末・月初の仕事も重なってモウレツに忙しい~(*_*)
でもここが踏ん張りどころ!お茶農家にとって最も忙しく、最も重要な日々の始まりです。
身体をいたわる余裕はないけれど、みんな気合いで乗りきるのです(^_^;)


さて、昨日は絶好のお天気の中、年に1度の「お茶の手摘み体験」を開催しました!
毎年恒例となったこのイベント、今年も40名弱という大勢の方にご参加頂きましたよ♪
東京など遠方からわざわざお越し下さる方もいて、我が家の一大イベントになりつつあります。

20130430_2.JPG


皆さんが集まったところで開会式(笑)
036からの挨拶と簡単な説明をさせてもらって手摘みをする畑に移動します。
こんな大勢の人がぞろぞろと歩くところを見たら地元の人もびっくりするでしょうね!
なにせ長閑な(ほぼ人とすれ違うことのない)田舎道ですから(^_^;)

20130430_3.JPG


お日様ぽかぽか、風もなく絶好の手摘み日和だったのですが、ちょっと暑いぐらい。。。
寒冷紗がよい日よけになりました。皆さん、新芽の感触を楽しんで頂けたようです。
小さなお子さんも熱心に摘んでくれて、参加者の皆さんの真剣な表情が印象的でした。


20130430_4.jpg


茶畑を遠くから眺めることはあっても、実際に畑に入って、爽やかな空気を感じながら
実際に手で触れるということは滅多に体験できない事だと思います。
私たちにとっても手摘みは年に一度の作業。
ぷちんとお茶の芽を指の腹で折るときの感触はなんとも言えません。
新芽の柔らかさ、瑞々しさを楽しんで頂けたのではないでしょうか。


20130430_5.JPG


我が家の子供たちも同じ年頃のお子さんとの交流を楽しみながら、
お茶の芽を丁寧に摘み取っていました。
目線の低い子供の方が上手に摘めるのかもしれませんねー笑



20130430_6.JPG


なあんてちょっと褒めてみたけれど、すぐに飽きて寒冷紗を
布団代わりにお昼寝ごっこを始めちゃいました。。。
コレコレ、お茶農家の子供がそんなんでどうする!?(-_-#)
その後も虫を探したり、近隣を探検したり。
やっぱり自然いっぱいの外遊びは最高に楽しいよね!



20130430_8.jpg


2時間ほどで茶摘みを終えるとお店に戻りお昼ごはん。
こちらも毎年恒例で鰻と摘み立てのお茶の芽の天ぷら、
筍料理をご用意しています。今年はとにかくお天気が
良かったので希望された方にはお弁当パックでご用意し、
川に下りて岩場で食べたり、竹林越しに宮川を眺めながら
ピクニック気分で楽しんで頂きました。これも良い
思い出になったのではないかと勝手に期待しております。


20130430_9.jpg


午後は摘んできた芽をせいろで蒸し、その後手揉み実演
自由参加にさせて頂いたのですが、本当に多くの方が
興味を持って見学をしていって下さったので嬉しかったです。

20130430_10.jpg


手揉みも5~6時間はかかるし、その後の乾燥などもあって
036がベッドに入れたのは夜中の3時近くになっていましたが、
それでも出てきた言葉が「疲れた~」ではなく「楽しかった~!」
だったので、生産者冥利に尽きる1日だったのだと思います。

20130430_7.JPG


「楽しかった」「よい経験になった」「また参加したい!」という
嬉しいお言葉を頂いたり、facebookを賑わせる体験レポートに
感激したりとまだまだ昨日の余韻に浸っていたいのですが・・・
今日は品評会用のお茶作りのため036は研修工場へ、
明日からは収穫&工場稼働とハードな日々が続きます。
今年も美味しいお茶が作れるよう頑張りますよ!!
この季節限定の新茶の販売もありますので、お楽しみに☆

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ★☆★ 人気ブログランキングについて ★☆★

以下の2つのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、応援していただけると嬉しいです♪

  にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック