妊婦の特権!?嬉しい三重県の風習

20130527_1.jpg


こんにちは!今日は珍しく朝から身体が重いお茶農家の嫁茶娘です。
久しぶりにどんよりしたお天気のせいでしょうか?
これからは雨の日が多くなりそうですね。

さて、昨日は1週間おきになった検診の日でした。
14回目だったのでこれにて無料チケットが終了(>_<)
次回からは自費だそうです(T_T)
先生も1週間以内には生まれるでしょうけど・・・とのことだったけど
ここまで粘ったことを考えるとあてにならないぞ!?
前回の入院分も出産費用に加算されちゃうし、
自費検診だけはなんとか避けたい~!(笑)
※三重県で妊婦検診が14回も無料になったのは平成21年から!
→それだけでも十分有り難いことだけど・・・全額無料でもよくない!?


20130527_2.jpg


というわけで、運動量を増やすべくお散歩コースを大幅に延長!
山間の町だけあって、家周辺のお散歩といってもアップダウンが激しい!
大きなお腹を抱えての坂道はなかなか効きます。



20130527_3.jpg


元気溢れる子供たちが引っ張ってくれましたw
楽しいマタニティライフのよい思い出になりそうです。





そうそう、数年前に「ケンミンショー」で紹介されて話題になった
三重県の妊婦に嬉しい風習をご紹介しまーす(*^_^*)

それはなんと!
お腹の赤ちゃんのためにアワビを食べるというもの。

20130527_4.JPG



妊娠中にアワビを食べると
→ 目がキレイな子が生まれる
→ おめめパッチリの子が生まれる
→ 目がいい子(視力が良い?)が生まれる
などの説が三重県(とくに伊勢志摩地方?)にはあるのです。

食べる時期については、妊娠5ヶ月頃とか妊娠中ならいつでもよいとか諸説あり、
食べ方も「雄雌を1つずつ」とか「肝がよい」とか、調理法の決まりもなく、
『妊婦にはアワビ!』という風習が根付いているという感じ。

なぜにアワビ!?という嬉しいながらも疑問を感じるのですが、
医学的根拠はないものの、鮑に含まれるタウリンには疲労回復の
効果があるとか、胎児の網膜形成に必要な成分を含むとか、
目の新陳代謝を促進する、とかこちらも色々な説がある模様。
実際、出産後は「目を疲れさせないように」とよく注意されることを
考えると目の滋養とかと関連していそうな気はしますね。

いずれにしても、アワビが食べれるなんて嬉しすぎる~(*^_^*)

この嬉しい風習のおかげで、何度もアワビをご馳走になっちゃってます♪
「妊娠中に・・・」という風習に加え、義父が「産後の疲労回復に」と産前産後に
必ず立派なアワビを用意してくれるので、今回の茶次郎妊娠でなんと5回目!
出産後も用意してくれるとのことで、今から楽しみです☆



20130527_5.jpg


これまで妊婦の特権?で思う存分、アワビのお刺身を
堪能していた私ですが、ここにきて大きな誤算が・・・

今年の2月頃にご馳走になったときに、
子供たちも買い出しについて行ったらしく、
お造りにしてもらった大きなアワビにも
「おさかな!おさかな!」と興味津々。


20130527_6.JPG


まさか、子供の口には合わないだろう、との期待を裏切り
1口食べた瞬間、茶太郎は「おいしぃ~!」と目を輝かせるではないですか。
いつもは慎重派で食わず嫌いの茶娘Jrまでもが「食べてみる!」とチャレンジ。
そして、「お醤油つけて食べるとコリコリしてておいしぃ~(*^_^*)」


20130527_7.JPG


なんだとー!?(-_-#) こんな高級食材に限って子供たちにヒットするなんて!(T_T)
これまでは心ゆくまで楽しんでいたアワビ、子供を交えての争奪戦に(>_<)
これは私とお腹の赤ちゃんのための物なんだからねー!?
という叫びは子供たちの興味と食欲の前に打ち砕かれました。

でもこうやって、安産を願う気持ちを共有できるのは
とーっても幸せなことなのでしょうね。
お義父さん、いつもいつもありがとうございます(*^_^*)
近いうちに、お目々パッチリの赤ちゃんが元気に生まれてきますように!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ★☆★ 人気ブログランキングについて ★☆★

以下の2つのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、応援していただけると嬉しいです♪

  にほんブログ村 企業ブログ 農業へ



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック