台風18号による栗の被害

20130917_1.jpg


こんにちは!清々しい秋晴れの三重県よりお茶農家の嫁茶娘です。
宮川の水、だいぶ引いてきました。
色はこの通り、ドロドロのミルクティー状態ですが(>_<)
岩場が出てきて、いつもの風景が戻りつつあります。


20130917_2.jpg


さてさて、台風18号の接近による暴風雨で、我が家の一番の心配事項だった栗・・・
ご覧の通り、緑色のイガがほとんど落ちてしまいました(T_T)
阿寒湖のマリモを思い出させるその光景にしばし絶句。

足下を埋め尽くす熟していない黄緑色のイガたち。
むいてみると中の栗はまだ真っ白でとても食べられそうもありません(ToT)

20130917_3.jpg




栗の枝ごとボッキリと折れてしまっているものもあります。
これがみんな熟すまでなっていたら大豊作だっただろうに・・・。

20130917_4.jpg




2階のベランダから見える栗の木は特に被害が大きかった(>_<)
写真では見にくいのですが、036と義弟が片付けをしています。

20130917_5.jpg



ほら、謎にテンション高い人がいるでしょう!?

20130917_6.jpg




集めたイガ栗は軽トラ一杯になりました。
多少熟していて食べられそうなのは白い袋に入っている方だけ。
他の黄色い枯れ枝まみれのイガ栗たちはすべて廃棄(T_T)

20130917_7.jpg



茶太郎が栗拾い(?)を手伝います。
→むいてもらった栗を拾ってカゴに入れるだけw

20130917_8.jpg



あんなにたくさん落ちてしまったイガの中から、
食べられそうな栗を拾ったら、このカゴ1杯だけになってしまいました(-_-;)
家からちょっと離れた茶畑の近くにある栗林の栗は少し熟度が進んでいたせいか、
割れたイガの中に茶色く色づいた栗が入っていたのがせめてもの救い。

20130917_9.jpg



樹から落ちた栗はイノシシとの争奪戦なので、夕方もう一度見回りに行きます。
所どころ畦道に水たまりが残っていたので、茶太郎を安全に運ぶお父ちゃんw

20130917_10.jpg



この緑色のネットで覆われているのが栗の木。
ネットで多少はイノシシの侵入を防げている模様。
強行突破してくるイノシシもいるんですけどね・・・。

20130917_11.jpg


農家に嫁いでから、川の端に嫁いでから、台風に対する意識がずいぶん変わりました。
栗は落ちてしまったけれど、他は大きな被害がなくてほっと一安心。
テレビでは列島各地での甚大な被害の様子が映し出されています。
被災された方に心よりお見舞い申し上げます。

  にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
2つのランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして、応援していただけると嬉しいです♪




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック