【茶畑通信】 裾刈り

20130925_1.jpg


こんにちは!どうも身体のあちこちが痛むお茶農家の嫁茶娘です(>_<)
夕方涼しくなってきたので、茶次郎を連れてお散歩に出るようになったからかなぁ。
ベビーカーを押して歩いているだけなのに、これじゃあ困ったものです(^_^;)

さて、昨日今日と茶畑では裾刈りをしています。
裾刈りというのは、茶畑の畝の部分に伸びた枝を落とす作業。

もうすぐ秋番茶の収穫が始まるので、その準備です。
夏の間は横枝がたくさん伸びて畝がわからない位になっていますが、
こうすることで畝の部分に雑草が伸びにくい効果もあるんです。
なので、我が家ではこのタイミングでの裾刈りになってます。

20130925_4.jpg


上の写真のように上部が平らになっている茶畑は乗用の茶刈り機でお茶を刈ります。
(私はこれを“豆腐型”、静岡の茶畑風景でよくある丸みを帯びた
 仕立てを“かまぼこ型”と呼んで区別していますw)
この平たい上部に伸びた芽を、茶畑をまたぐ形で茶刈り機が
移動しながら刈っていくので、畝の部分に横に伸びた枝は邪魔になります。
なので、定期的にこの裾刈り機を使ってキレイに整えねばなりません。

簡単そうに見えるけれど、真っ直ぐ刈っていくのは難しいみたいですよ。
秋番茶の芽もすくすくと育っていて、月末から収穫が開始できそうです。
おいしい「番茶」が出来上がるのを楽しみに待っていてくださいね!




20130925_2.jpg


保育所から帰ってきた子供たちを連れてお散歩がてら公園に行くのが日課です。
茶次郎も外の空気を吸うのが気持ちいいみたい♪


20130925_3.jpg


公園に行くと近所のわんぱく3兄弟のオモチャ状態の茶次郎(笑)
本人も目を輝かせて、かまわれるのが嬉しそう。 

でも・・・バッハ???


  にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
2つのランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして、応援していただけると嬉しいです♪



この記事へのコメント

  • 深沢 辰哉

    こんにちは!!
    沼津でお茶農家をやっている家の息子です

    こんなに綺麗に刈り落とせる裾刈り機が羨ましいです
    今日も刈り捨ての途中で壊れました
    刃を固定しているネジが取れて無くなっているのに気付かず明日また刈り直しです(笑)
    2015年09月14日 18:12
  • 茶むすめ

    > 深沢 辰哉 さん

    コメントを頂きありがとうございます!
    お返事が遅くなってしまって申し訳ありません。
    我が家の夫と同じく、お茶農家の後継者さんなんですね!
    うちも機械の故障はしょっちゅうで、夫が嘆いています。
    茶業は厳しい状況ではありますが、お互い頑張りましょうね!
    それでは、今後ともよろしくお願い致します。
    2015年09月29日 00:17

この記事へのトラックバック