栗拾いの弟子たち

20130929_0.jpg


こんにちは!秋の風が爽やかな三重県より、お茶農家の嫁茶娘です。
川の水の色がコバルトグリーンに戻ってきました。
やっぱりこの色あってこその宮川ですね♪

さて、今日は栗拾いのお手伝いで活躍する子供たちの様子をご紹介。
毎日夕方になると義父が栗拾いに出かけるのですが、子供たちも同行。
お邪魔虫ばかりしているだろうという私の予想に反して、
ちゃんと栗拾いの技をマスターし、ちょっとは役に立っているようでした。


まずは茶娘Jr。慣れた様子で栗のイガを両足で挟み込み、
イガの部分踏むようにして、中の栗をむき出しにします。

20130929_1.jpg



ほらほら、栗が出てきましたよ!

20130929_2.jpg



あとはイガをひっくり返し、出てきた栗を拾います。

20130929_3.jpg



ほら!上手に取れたでしょ?

20130929_4.jpg




この人も・・・たまにサッカーのようになってますが(^_^;)
一丁前に両足を使ってイガを外します。

20130929_5.jpg



ほら!上手に取れたやろ!

20130929_6.jpg



ちなみに、茶太郎が帽子を被っていないのは、
つまみ食い用のブルーベリーが入っているから(笑)
口も動かして、足も動かす、なかなか高度な技ですね!

私の知らぬ間に、
子供たちの方がどんどん田舎暮らしの技を習得していってる・・・
私はその手の事は完全にダメ嫁路線まっしぐらなので、
子供たちに色々な技を伝授しておいてもらいたいなーと思う今日この頃です。


  にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
2つのランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして、応援していただけると嬉しいです♪



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック