【茶畑】裾刈り作業

IMG_1604.JPG

毎日、これでもか!ってぐらい暑い日が続いておりますが・・・
農業をやっている以上は畑作業(外仕事)が基本です。
暑さには強い旦那もさすがにバテ気味(*_*;
熱中症に気をつけて、頑張ってもらいたいです。

そんな旦那の本日の作業は茶畑の「裾刈り」です。
皆さんの茶畑のイメージにもある通り、茶畑にはしっかりと畝(畝間)があります。
でもお茶の樹は放っておけば、上にも横にも伸びる訳で・・・
定期的に畑の形を整えなければいけないのです。
畑と畑の間に道?(畝間)をつける作業、それが「裾刈り」です。

IMG_1609.JPG

こんな機械を使います。畑と畑の間を、この機械を動かしながら進むと
両側についている細い歯が動いて、横に伸びている枝を刈り落としてくれるんです。


IMG_1605.JPG

機械が通ったあとはこんな風にキレイな道が出来上がります。
まっすぐに刈れると気持ちがいいけれど、曲がっちゃうこともあるみたい(^_^;)


私もお茶農家に嫁ぐ前は、茶畑がどうしてああいう形になるのかイメージが
湧かなかったけれど、勝手にああいう形になる訳じゃないですものね。
皆さんも美しい茶畑の風景を見た時は、
ぜひその裏にある農家の働きぶりを想像してみて下さい!




今日もお茶農家の嫁のブログ~茶娘日記~読んで頂きありがとうございました!
訪問して頂いたしるしに下のバナーをポチっとして頂けると嬉しいです!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

◆ 我が家のお茶はこちらでお買い求め頂けます! ◆
 → 伊勢茶通販サイト「茶娘どっとこむ」
◆ 旦那の仕事ぶりはfacebookページをご覧ください ◆
 → 中森製茶facebookページ

この記事へのコメント

  • ブログ読

    お花を楽しむ為にお茶の木を育てていますので理解はできます。でも横に伸びている枝切りは今の時期にやるのですか!?もっと早い時期かと思っていました。
    2015年08月01日 11:26
  • 茶むすめ

    >ブログ読さま

    コメントを頂きありがとうございます!
    頂いたコメントを見落としており、お返事がこんなに遅くなってしまいました。
    大変申し訳ありません。

    茶芽の生長や収穫に影響を及ぼす上面の刈りならし作業については
    天候や生育状況を見ながら判断していますが、横に伸びたお茶の樹を
    切る(裾刈り)タイミングには、明確な決まりはないようです。
    我が家では、肥料散布等で畝間を歩く際に邪魔にならないように
    このタイミングで作業を行いました。

    もしまだこのブログを見に来て下さっていたら、
    ぜひまたコメントを頂けると嬉しいです。
    (今度は見落とすことのないよう早めにお返事しますね!)

    2015年08月31日 00:53

この記事へのトラックバック