明るく楽しく元気よく!

IMG_5977.JPG

昨日の七夕はとくに何もしなかった我が家。夕飯は一応、そうめんにしたけど。
家では笹飾りもしなかったので、写真の短冊は保育所に飾ったものです。
子どもたちの願い事は「戦隊ヒーローになりたい」系の非現実的なものやら、「財布がほしい」「お金持ちになりたい」等のやたらと現実的なもの、切実なものもあったりで、毎年楽しく取り組んでいます。
親として願うことは、やっぱり「子どもたちの健やかな成長」これに尽きます。
みんなが元気で、日々を楽しく笑顔で過ごすことが大事だな~っていつも思ってます。

そういう私、コルセット装着してますけど(^_^;)
ご心配には及びません。身体は病んでいても、心は朗らか、毎日楽しく過ごしてますから!
ここのところ子どもたちの体調も絶好調、いい感じの流れになってます。
それにしても茶太郎は丈夫だな~。風邪で寝込んだりした記憶がほぼありません。
この調子で来年小学生になっても皆勤賞を目指していって欲しいものです。

そんな茶太郎が私の「ぎっくり腰改め圧迫骨折」の原因だったりするから困ったものです(*_*)
その日は旦那の帰りがちょっと遅くて、子ども達に夕飯を食べさせていたんですが・・・
眠くなった茶三郎がぐずるので左手で抱っこしながら、茶次郎の食事をサポートをしていて。
茶太郎と茶次郎がふざけるから、ごはんが床に落ち、それを椅子で踏みやしないかと注意しながら、茶太郎が座っているイスを後ろにひこうとしたのがいけなかった(>_<)
その瞬間にピッキーン☆と背中に衝撃が走りました。
茶三郎を抱きながら崩れ落ちるように床に横たわる私。
とにかく痛くてどうすることもできません。
そんな様子を見て状況を察せず大爆笑する茶太郎&茶次郎の憎らしいこと!
「お母さんどうしたの?」と心配する茶娘Jr.に「ぎ、ぎっくり腰・・・」とうめき声を出したら「ビックリ腰ってなんなん!??」とまた大笑い。
あの腹立たしさはきっと一生忘れることはないでしょうw

普段の椅子をひくという動作のつもりで、そこに茶太郎の重さが完全に抜け落ちていたのが今回の圧迫骨折の原因ですね。
上に持ち上げるんではなくて、後ろにひこうとしたために、背中の方、胸椎がやられたというのもうなずけます。
それからの3日間ぐらいは本当に地獄でした。
起きあがることができないので、トイレに行くのも床を這っていくのですが、便器の高さに愕然とします。
たまにベッドから降りただけで力尽きて、寝室の床に転がっていたりするものだから、その姿を目撃した旦那や子ども達はホラー映画を見たかのように顔を強ばらせてました。
かの有名な「貞子」はこうやって生まれたのかも、なんて思いましたよ。
腰が痛いということ以外はいたって健康なので、お腹も普通にすくんだけど、なんせ冷蔵庫を開ける体勢まで身体を起こすことができないのです。
飲み物を飲んだらトイレに行く回数が増えるのが億劫でそちらも控えて。
あの数日間は望まぬ断食状態だったなぁ。(4人の子供の世話に追われる旦那に食べ物の要求をするのも気が引けたしw)
それでも茶三郎の授乳のためには身体をおこして顔をゆがめながら耐えられたのはさすが母親だなぁ~と自画自賛。
でも、心なしか私の顔を伺う茶三郎の顔もひきつっていたような・・・
そんな状況でもやっぱり我が家には笑いのネタがたくさんあって、「ぷぷ」って笑っては痛みに悶絶しておりました。
3日ほどしたら痛みはだいぶ治まって、ちょっとの時間なら椅子に座ったりできるようになり、徐々に回復して今に至ります。
もう普通の生活をしている限りは痛みも気にならず、あとはコルセットで骨が固まるのを待つだけです。
「健康第一」を強く強く痛感する日々、厄年の1年、これ以上は何も起こりませんように!!!

IMG_5979.JPG


今日もお茶農家の嫁のブログ~茶娘日記~読んで頂きありがとうございました!
訪問して頂いたしるしに下のバナーをポチっとして頂けると嬉しいです!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

◆ 我が家のお茶はこちらでお買い求め頂けます! ◆
 → 伊勢茶通販サイト「茶娘どっとこむ」
◆ 旦那の仕事ぶりはfacebookページをご覧ください ◆
 → 中森製茶facebookページ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック