伊勢名物さめのたれ

20181219095053679.jpg
こんばんは!三重県のお茶農家の嫁、茶むすめです。
今日は久しぶりに伊勢名物の「さめのたれ」を食べたのでご紹介。

名前の通り、サメなのですが、全国的にも鮫を食べるのは珍しいようです。
私も最初は「サメ」と呼ぶだけで違う魚だと思っていました。
切り分けた鮫の身をよく洗い、味醂などのタレに漬け込んでから風で乾燥させ、最後に天日干しして作る「さめのたれ」。
垂らして干すので“たれ”と呼ばれるようになったという説も。
この鮫の干物は伊勢神宮の神饌としても供えられます。
こちらでは普通にスーパーで買えるので見慣れてしまいましたが、やっぱり珍しいですよね。

食べるとパサパサしていて脂っけがなく、アジの干物などとは違いますが、味わい深くておつまみに最適!
けっこう塩味がキツイので喉が乾きます(笑)
お酒好きにはよい口実?
最近はおみやげ物もあるようなので、気になる方はぜひ食べてみてくださいね!

この記事へのコメント