2015年08月04日

五十鈴茶屋のパイン大福

DSC_6463.JPG

今日は伊勢で用事があり、朝から伊勢市駅周辺をうろうろ。
午前中だというのにお日様ギラギラで、暑くて・・・
茶娘Jr.も一緒だったので、つい休憩をば。

赤福の外宮前特設店に入ったら、五十鈴茶屋の商品もあったので、
季節限定和菓子の「水まんじゅう」と「パイン大福」をチョイス。
どちらもひんやり美味しく頂きました♪

DSC_6465.JPG

とくにパイン大福は白あんとパインの酸味がベストマッチ!
個人的にはいちご大福よりも好みでした♪

店内は広々としていて、赤福名物の夏季限定商品「赤福氷」も食べられるし、
2店舗の商品のいいとこどりができてオススメです。
赤福、五十鈴茶屋といえば内宮をイメージされる方も多いかもしれませんが、
外宮参りの後に立ち寄ってしまうというのも手かも?

伊勢神宮参拝は「外宮」から「内宮」の順で。
外宮周辺も魅力的なスポットが多いので、ぜひ散策してみてくださいね!

●赤福 外宮前特設店の場所はこちら → 赤福のサイトへ
●五十鈴茶屋 季節限定和菓子の情報はこちら → 五十鈴茶屋のサイトへ



今日もお茶農家の嫁のブログ〜茶娘日記〜読んで頂きありがとうございました!
訪問して頂いたしるしに下のバナーをポチっとして頂けると嬉しいです!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

◆ 我が家のお茶はこちらでお買い求め頂けます! ◆
 → 伊勢茶通販サイト「茶娘どっとこむ」
◆ 旦那の仕事ぶりはfacebookページをご覧ください ◆
 → 中森製茶facebookページ

posted by 農家の嫁 茶娘 at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ 茶むすめの特産物紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月20日

いばら饅頭

20140220_1.jpg


こんばんは!笑顔がテーマなお茶農家の嫁茶娘です。
昨日は下がった茶次郎の熱、また上がっちゃいました!Σ(×_×;)!
おかげで寝不足&仕事がまったく捗らない〜( ノД`)…
ゴキゲンだし、食欲もあるのにねぇ・・・

上の写真は夕方から農産物直売所に行った旦那のおみやげ。

こ、これは・・・

「ブログに柏餅食べたいって書いてなかった?」と旦那。

確かに書きましたよ!

でも、これ、柏餅じゃなくて、いばら饅頭なんですけどー!Σ( ̄□ ̄;)

「あ、そうなの?柏餅といばら饅頭って一緒じゃないの?」だってw

全然違いますから!

似ているのは“雰囲気”ぐらいなもんで、包んでいる葉っぱも生地も違うのに!
どうして男の人ってこうも違いが分からないの???

しかも、いばら饅頭が全国的にはメジャーな和菓子ではないことを旦那さんは知らないのだ!
こっちに嫁いできて初めて食べたっつーの!
(なんで怒りモードかというと、茶次郎の眠りが浅くてベッドから出れないから。
携帯で文章を打つの面倒なのよー!)


とはいえ、いばら饅頭も美味しく頂きましたよ。


20140220_2.jpg


見た目は柏餅っぽいけど、包んでいるのは「いばら」(サルトリイバラ)の葉です。
蒸した葉っぱの匂いも柏餅とはちょっと違う気がする。
そして、生地はお餅ではなく小麦。名前も饅頭だもんね。


20140220_3.jpg


中の甘さ控えめのこし餡が入ってました。
生地もモチモチしてて、素朴な味わいで美味しかった♪

いばら饅頭はこの辺り(三重県全体?)の郷土食で、以前は「野上がり饅頭」として
田植えが終わる頃に各家庭で作っていたものだそうです。

黒蜜の「みたらし団子」、黒蜜をかける「ところてん」、
「ういろう」という黒くて大きな謎の和菓子(名古屋名物のういろうとは別物)、
そしてこのいばら饅頭、嫁いでくるまで知らなかった和菓子がいっぱいあります。

わざわざおみやげを買ってきてくれた旦那には感謝☆
でもね、私が食べたいのは柏餅!
端午の節句を楽しみに、今はいばら饅頭の美味しさを噛み締めようと思います(笑)



今日もお茶農家の嫁のブログ〜茶娘日記〜読んで頂きありがとうございました!
訪問して頂いたしるしに下のバナーをポチっとして頂けると嬉しいです!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

posted by 農家の嫁 茶娘 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ 茶むすめの特産物紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月31日

伊勢うどん ご当地グルメの定番に!

20140131_1.jpg


こんばんは!笑顔がテーマなお茶農家の嫁茶娘です。
保育所から帰ってきた茶娘Jr.が発熱(>_<) インフルエンザじゃないといいんだけど・・・

さてさて、昨日の「秘密のケンミンSHOW!」見ました?
連続転勤ドラマが先週に引き続き「三重県」でしたね!

鰻、ささって(明後日のこと)、猿田彦神社、こちらの日常そのものです(笑)
それに1年中飾る注連縄!ちょうど先日このブログでも紹介したばかりでした!

そして、案の定出てきました伊勢うどん
もうご当地グルメとしてすっかり有名になっちゃいましたね。

20140131_2.jpg


この貴理子さんがスーパーで伊勢うどんを買うシーンで、
“最近は”伊勢うどんを家庭でも食べる、というようなことを言っていましたが、
旦那が「最近じゃなくて、昔っから、ここではうどんと言えば
伊勢うどんが当たり前なん!」
と訂正してました(笑)

確かにスーパーでは麺類コーナーに行くと伊勢うどんの方が種類が多いですもんね。
断然讃岐うどん派だった私も最近は伊勢うどんを冷凍して常備するようになってます(^_^;)


そんな昨日の我が家の夕飯も伊勢うどん。
子供たちが大好きで、作るのが簡単で、究極の手抜きごはんです(笑)


20140131_6.jpg

まず、麺を茹でます。普通サイズのフライパンなので、麺の太さが分かると思います。



20140131_7.jpg

これが茹で上がった状態。うちでは先にお椀に麺を盛ります。



20140131_3.jpg

別売りのたれを絡めます。このタレは各種売り出されていて
家庭によって好みのメーカーが違うんですよね。
我が家では「駒鳥食品」さんのタレを買うことが多いです。



20140131_4.jpg

今日のトッピングはネギと一味唐辛子でシンプルに。
三重県に嫁いで来たとき、ネギというとこの緑色のネギでビックリしました。
実家の東京では白くて太い長葱が「ネギ」の定番だったので。
これは・・・巨大化したワケギ?と思った記憶が・・・笑



20140131_5.jpg

しっかりとタレを絡めます。柔らかくて極太の麺によく絡むんですよねー。
甘辛くて美味しいですよ!

ま・・・私はどちらかを選べと言われたら絶対に讃岐を選びますけど!(★ ̄∀ ̄★)



今日もお茶農家の嫁のブログ〜茶娘日記〜読んで頂きありがとうございました!
訪問して頂いたしるしに下のバナーをポチっとして頂けると嬉しいです!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 にほんブログ村 企業ブログ 農業へ


人気ブログランキングの農家カテゴリは2位、「日本茶」は1位、「農業・畜産」は23位
「農林水産業」は33位、新たに参加した「三重県」は33位となっています。
にほんブログ村の農業ランキングは4位です!

posted by 農家の嫁 茶娘 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ 茶むすめの特産物紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月07日

カレー伊勢うどん

IMAG5156~01.jpg


こんばんは!笑顔がテーマなお茶農家の嫁茶娘です。
今日はいつもより子供たちが早く寝たのでゆっくり仕事ができるぞ〜!と張り切っていたら、
なぜか茶次郎がベッドで寝てくれない(´д`|||)
仕方がないので、抱っこで寝かしながらの更新です。
うまくいかないもんだね、と嘆きつつも、ま、こんなもんでしょと諦めの境地。

さて、今日ご紹介するのは伊勢うどんのオススメの食べ方。

いつもの伊勢うどんにカレーをかけるととっても美味しいんですo(^o^)o

前々から聞いてはいたのですが、実は私は今回が初挑戦!
カレーの残りがある日と伊勢うどんを茹でる日のタイミングが合わなくてf(^_^;


20140107_1.jpg


まずはいつも通り茹でた伊勢うどんにタレを絡めて頂きます。
うん、むにょむにょ。やっとこの食感にも慣れました。
わりと美味しく頂けてます(笑)




20140107_2.jpg


続いてタレを絡めた伊勢うどんの上にカレーをon!
そして、カレーと一緒に麺をすすります!

タレの上から?と驚かれるかもしれませんが、全然大丈夫。
いい感じにカレーが濃厚な和風の味わいになるんです。
むにょむにょ麺との相性もバッチリ。
普通のカレーうどんとはまったく違う新しい味わいです。

おお!これは普通の伊勢うどんより好みかも!?
というか、伊勢うどんのタレを加えたカレーの味が美味しい!
いつものカレーの隠し味にしようかしら?

あと、普通のカレーうどんを食べるときの汁が飛び散って
黄色い点々になる問題が半減する気がします(笑)
なんせ太くてコシのない麺ですから!

伊勢うどんLOVEな方も、ちょっと苦手という方もぜひ試して頂きたい味です。
伊勢周辺ではお店でカレーうどんを頼んだ場合、麺は伊勢うどんであることが多いようなので、
いつかチャレンジしてみたいところです。


でも、やっぱり素うどんもカレーうどんもコシがある
普通のうどんの方が好きだなぁと思っちゃったのは内緒です(((^_^;)
エセ三重県人ですね・・・
三重での在住歴が東京を上回った頃、この好みがどう変わっているのか楽しみです。

皆さんもカレー伊勢うどんぜひお試しあれ!


  にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
2つのランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして、応援していただけると嬉しいです♪

posted by 農家の嫁 茶娘 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ 茶むすめの特産物紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月16日

外宮前名物 御饌丼(みけどん) どん丼火

20131216_1.jpg


こんばんは!笑顔がテーマなお茶農家の嫁茶娘です。
今日は上の写真のこれ、不思議な盛りつけの丼を紹介しますね!

昨日、伊勢市駅前の「伊勢百貨店」にて試飲販売をしていた旦那が
お昼に食べたのが隣りにある伊勢うどん屋さん「若草堂」の丼料理。
実は一昨日、こちらのお店で伊勢うどんを食べたときに、
他のお客さんが注文しているこの丼が気になり、
さっそく昨日食べに行ったという訳。

確かに、この盛りつけ、特徴ありますよね!?


ま・・・まさか、スカイツリー!???Σ(・ω・ノ)ノ!w



いえいえ、これ、外宮前名物 『御饌丼』(みけどん)なんです。

三毛丼?ミケ丼?何それ?って感じですが・・・
『御饌丼』とは、伊勢の外宮にちなんだご当地どんぶりの総称です。

御饌(みけ)の饌(け)とは食べものという意味で、
大切なもの、尊いものであることから「御」が付くのだとか。

式年遷宮で注目を集める伊勢神宮には外宮と内宮があり、
外宮には「食の神様」として親しまれている「豊受大御神」が祀られています。
その外宮では、毎日朝夕二度、神々にお食事を用意する「日別朝夕大御饌祭」
(ひごとあさゆうおおみけさい)が1500年間、1日も欠かすことなく続けられています。

そんな外宮さんの前から、日本全国、そして世界に、「食の大切さ」と「食への感謝」を
伝えていきたいと思いで誕生したのが、この「外宮前名物・御饌丼(みけどん)」なんだそう。

『御饌丼』と認定されるには、以下の項目を満たさねばいけません。

その一 「米」は、三重県産を使っています。
その二 「メインの食材」は、伊勢志摩地方産です。
その三 「水」は、清流宮川や五十鈴川のものを使っています。
その四 「安全、安心な食材」を使い、健康に配慮した調理をしています。
その五 この丼に関わるすべての食材や人々に対して、
      「おかげさま」の心で作っています。


そして、『御饌丼』には複数の店舗が同じレシピを基にアレンジを加えた
「共通丼」と、そのお店でしか味わえない「オリジナル丼」があり、
旦那が食べたのは「共通丼」の『どん丼火』というメニュー。

『どん丼火』は、伊勢うどんのタレを絡めて焼いた鶏肉に大根が高く盛りつけられます。
この大根は、大晦日の夜に外宮で焚かれる篝火、通称「どんど火」を表現しているんですって。

あのスカイツリーのような盛りつけの正体は大根だったんですね!
若草堂さんでは、伊勢地鶏をベースに、きざみのり、しらす、
なます大根(赤い火は生姜だそうです)をのせた丼に仕上げています。

おばあちゃんが切り盛りする小さなお店で、
この丼を作るのには多少のお時間を要するようですが、
その人柄が味にも出ていて美味しかったとのこと。


20131216_2.jpg


私も食べてみたいなぁ。他の『御饌丼』も気になるし。
「伊勢・外宮前名物 御饌丼マップ」なるものも入手したので、
子育てが落ち着いたら『御饌丼』巡りを楽しみたいと思います!

伊勢うどんは食べたことある〜という方、次回はぜひ『御饌丼』をお試しあれ!
詳細は 外宮前名物・御饌丼の会 ホームページ をご覧下さい。


  にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
2つのランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして、応援していただけると嬉しいです♪

posted by 農家の嫁 茶娘 at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ 茶むすめの特産物紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月24日

伊勢うどん これが本物の証!

20130924_6.jpg


こんにちは!洗濯物がパリっと乾いて気分爽快なお茶農家の嫁茶娘です。
台風20号の影響なのか明日は曇り空のようなので、今日片付いてよかった!
そろそろ本格的に衣替えもしないと、ですね。

さてさて、昨日お知らせした伊勢うどん今日から有楽町店で販売再開しています。
やっぱりテレビの効果ってすごいですね。
伊勢の家庭の味、伊勢うどんが日本中に浸透したら嬉しい!
(・・・と言いつつ、実は伊勢うどんは好物ではありませんがw)
伊勢うどん未体験の方もぜひこの機会にお試しください!

有楽町店で販売している伊勢うどんは三重県製麺協同組合により
地域ブランドの認証を受けています。


↓↓↓ このマークが「本物」の印ですよ! ↓↓↓

20130924_5.JPG


皆さんも伊勢うどんを手に取ったらこのマークが
付いているかどうか確認してみてくださいね!

※『伊勢うどん認証マーク』とは
三重県の業者で作る製麺協同組合が、伊勢神宮の参拝客に親しまれている
「伊勢うどん」を地域ブランドにしようと2009年に作成しました。
麺の太さやゆで時間など、伊勢うどんと認めるための基準を設け、
この基準をクリアした商品にだけ「伊勢うどん」を名乗ることが許されています。
(「伊勢うどん」は特許庁が地域の特産品に商標権を与える地域団体商標に認定されています)


  にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
2つのランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして、応援していただけると嬉しいです♪
posted by 農家の嫁 茶娘 at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ 茶むすめの特産物紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月23日

東京で伊勢うどんが買える店

20130923_7.JPG


こんばんは!もういっちょ更新!お茶農家の嫁茶娘です。
中森製茶有楽町店(東京交通会館地下1階)でも
伊勢うどんが買えますよ〜というお知らせです。

昨日、有楽町店より「伊勢うどんが売り切れました」との連絡がありました。
それ以降も「伊勢うどんは扱っていますか?」という問い合わせが多数あった模様。

急にどうしたんだろう?誰かが伊勢うどんの宣伝でもしたのかな?
慌てて調べてみたら、その答えはすぐに判明。

9月21日(土)放送の「出没!アド街ック天国」伊勢神宮に出没したのですね(>_<)
その中で伊勢うどんが6位にランクインし、注目が集まったようです。

昨日の売り切れの連絡の時点で既に荷物の発送が間に合わず、
本日も販売ができませんでしたが、先ほど荷物を発送したので、
明日には販売を再開します。在庫もいつもの倍ご用意しました!

当店で販売している伊勢うどんは日持ちがするタイプで常温保存可能。
2食入りであの独特な濃厚たれも付いています。
東京でも本場伊勢の味がお楽しみ頂けます!
ぜひこの機会にお試しくださいね!

中森製茶有楽町店 → 有楽町駅前の東京交通会館地下1階です。
営業時間 11:00〜19:00 (毎日休まず営業中) TEL 03-6269-9654


日頃からテレビをまったく見ない我が家なのですが、こういうこともあるので、
伊勢が取り上げられる番組はチェックしておかないとダメですね(>_<)
式年遷宮で注目を浴びている今こそ、
三重の魅力を今まで以上に発信していきたいと思います!

20130923_8.jpg



  にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
2つのランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして、応援していただけると嬉しいです♪
posted by 農家の嫁 茶娘 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ 茶むすめの特産物紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月03日

三重県民のソウルフード? 伊勢うどん!

20130603_1.jpg


こんばんは!未だに巨大なお腹を抱えるお茶農家の嫁茶娘です。
予定日超過5日目、6月に入っても出てくる気配はありません(>_<)
今日も子供たちと一緒に近所をぐるーっとお散歩、
庭では鬼ごっこまでやってみたんですけどねぇ・・・(^_^;)

そんな状況ではありますが、ここ数日の近況報告など。
上の写真、先週金曜日にまたもや焼き肉を食べに行ってきました!
前回の焼き肉は「ケチってお肉はハラミ止まり、カルビやロースを
食べなかったのがいけなかった(>_<)」ととんでもない言いがかりwをつけて、
今度は義父母弟も一緒に、一番茶の打ち上げ?も兼ねて話題のお店へ。
病院の近くだったこともあり、万が一に備えて入院グッズを車に用意し、
遠慮無くカルビやロースをたらふく食べたのですが・・・結果は惨敗。
まったく効果なし。でもこんなにいい思いをさせてもらって
お腹の子も母親想いだわ・・・なんて逆に感心もしたりして(^_^;)




20130603_2.jpg


そうそう、この週末は恒例となった茶太郎の散髪も。
だいぶ髪が伸びてきて本人も「そろそろ坊主にしやなアカンなぁ」
と仰せだったので、036床屋が急きょ開店♪ すっきりさっぱり☆
やっぱり男の子は坊主に限る!気持ちよくってついなでなで。
ビロードのような手触りがたまりません!
ちなみに髪を伸ばしている茶娘Jrも前髪だけカットしました♡




20130603_3.jpg


最近はプライベートのネタばかりなので、お茶の話もね!
今は二番茶に向けての準備期間、畑の管理や工場の整備が中心です。
今日はお茶の火入れ作業も行ってました。
関東で人気のある『深蒸し茶』です。
火をいれすぎるとほうじ茶のような味わいになってしまうので、
ほどよく香りを引き立たせる具合が難しいのだとか。
036も「火入れは奥が深いなぁ〜」とつぶやいておりました。




20130603_4.jpg


話は飛びますが、最近『伊勢うどん』への関心が高まっているみたいですね!
東京お台場でもイベントが行われたり、芸能人がオススメしていたり。
三重県出身の人が懐かしんで食べるだけではなく、
初めて食べても「おいしい!」と評判になっているようです。

う〜んと・・・意外というか・・・局所的なブーム???と
私は半信半疑ですが、まぁ好きな人は好きなのかもしれません。
そもそも、「うどん=コシ」というのが固定概念だったのかも。

それでもやっぱり私は伊勢うどんはどちらかというと苦手です。
あのむにょむにょの食感も、甘ったるい濃厚ダレも・・・(>_<)

20130603_6.JPG


ただ、伊勢の伝統的なご当地グルメであること、
昔の人々が伊勢神宮参拝の際に手軽に食べられたという点など
歴史的な背景も含めて、伊勢の魅力発信という意味で
伊勢うどんが有名になることはとっても喜ばしい!
というわけで私のブログにも登場させてみました。


20130603_5.JPG


ちなみに、有楽町店では日持ちするタイプの「伊勢うどん」も取り扱っています。
最近の売れ行きがすごくて、品薄になっている場合もあるので、
お買い求めの際は電話にて確認をして頂ければと思います。

   (有)中森製茶 有楽町支店 → 有楽町の交通会館地下1階です。
  営業時間 11:00〜19:00 (毎日休まず営業中) TEL 03-6269-9654


20年に一度の式年遷宮の年とあって、伊勢はいつも以上に賑わっています。
観光等で伊勢にいらっしゃる際はぜひ『伊勢うどん』もご賞味下さいね!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ★☆★ 人気ブログランキングについて ★☆★

以下の2つのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、応援していただけると嬉しいです♪

  にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

posted by 農家の嫁 茶娘 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ 茶むすめの特産物紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月31日

あられ茶漬けって知ってますか?

20130401_1.JPG


こんな時間に食べ物に伸びる手が止まらないお茶農家の嫁茶娘です(*_*)
今のところそんなに体重は増えていないけれど、急にドカンときそうで怖い・・・
空腹と口寂しさを紛らわせてくれるよい食べ物はないですかねぇ。。。

さて、本日の子供たちのおやつはじいじが炒ってくれた田舎あられ!
米餅を細長く刻んで、火で炙った素朴なお煎餅です。
自家製の炭でじっくり炒っている間、側で待っていて
出来上がるとまだ温かいうちにパクパクと食べておりました。
炒りたてはまだ芯の部分がお餅状に残っていて不思議な食感。
冷めると芯はなくなって、サクサクのお煎餅になります。
本当にあっさりした素朴な味わいだからこそ、
ついつい手が伸びちゃうんですよね〜。


子供たちには「ごはんが食べれなくなるからもう終わり!」とストップを出したのに、
036が無意識のうちにあられをポリポリ食べていたので、目ざとい茶娘Jrから
「どうしてお父さんはあられどんどん食べてもいいの!?」と怒られてましたよ(^_^;)

この田舎あられ、三重県民(しかも松阪・伊勢志摩限定?)
独特の食べ方があるって知っていますか?
何年か前にご当地バラエティ「秘密のケンミンSHOW」の
“秘密のゴチソウ”として紹介されたことがあるみたいなんですが・・・

なんと、このあられをお湯やお茶に浸して食べるんです!
あられがご飯の代わりってこと!
そもそもご飯が汁に浸ることも許せない私には
サクサク食感が持ち味のお煎餅をふにゃふにゃにして
食べるなんて信じられない!って感じなんですが、
この辺りでは確かにそんな食べ方があるようなのです。
「これにお茶をかけて食べるとうまいんやに!」なんて
言っているおじいちゃん、おばあちゃん、いますもん!

今日の朝食で、036と茶娘Jrが「ぶっかけごはん」
(ごはんにみそ汁をかけたもの)を美味しそうに食べていて
心底勘弁してくれぇ〜と思っていたので、おいしいあられを
食べながらも、そんな食べ方があることを思い出したのでした。
多分、大多数の人が、お煎餅として食べた方が美味しい
という結論に至ると思います!そうであることを願う!笑

20130401_2.JPG


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ★☆★ 人気ブログランキングについて ★☆★

以下の2つのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、応援していただけると嬉しいです♪

  にほんブログ村 企業ブログ 農業へ


posted by 農家の嫁 茶娘 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ 茶むすめの特産物紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

へんば餅

henbamochi.jpg


和菓子の優しい甘さが恋しい今日この頃。
赤福も御福餅も販売していないここ伊勢で食べられる和菓子と言えば・・・

こちらも創業200年という老舗へんばや商店の「へんば餅」。
柔らかい餅の中にあっさり味のこしあんが入っています。
この餅の食感がたまらない!ほのぼのした田舎の味という感じ。

皆考えることは同じなのか、日曜日のお店は駐車場も満車になるほどの混雑ぶり。
次から次へと大量購入のお客さんが訪れます。
赤福じゃないけど、冷凍保存しても美味しく食べられるしね。笑

私たちも店内の簡易座席で出来たてのへんば餅をほおばり、
10個入りのおみやげを購入して帰宅。

そんな「へんば餅」も原材料表記に不備があったらしい。
JAS法違反の疑いで立ち入り検査が入ったとか。

「へんば餅」まで販売中止なんてことにならないとよいけれど。
赤福が販売再開するまでは、へんば流れは続きそうです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

なんとか40位台キープしています。応援よろしくお願いします!
(現在のランキングは こちら からご確認頂けます)
↓↓↓↓↓

人気ブログランキング 人気ブログランキング参加中!このボタンをクリックしてください♪
posted by 農家の嫁 茶娘 at 21:33| 三重 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ◆ 茶むすめの特産物紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

牡蠣・かき・カキ!

kaki.jpg


先週の日曜に負けじと昨日も盛りだくさんの休日を過ごしました!
おかげで更新を怠ってしまってごめんなさい・・・。

朝から出かけて、レイトショーを観に行くまで、ハードなスケジュールを
こなしたわけですが、その中でも特筆すべきが、「牡蠣の食べ放題」!!
この冬いちばん楽しみにしていたイベントでもあります。

036の野球仲間のおうちが鳥羽で牡蠣の養殖を営んでおり、
その傍らで牡蠣の食べ放題もやっているとのことで行ってきました!
鳥羽の牡蠣は有名で、ガイドブックなどにも食べ放題はけっこう載って
いますが、今回お邪魔したところは、かなり奥まったところにあり、
もちろん看板もなく、地元の人だけが来る隠れ家的なお店でした。
(お店というより、倉庫を改造した小屋といった感じですが・・・)

小屋の中に入ると、お兄さんが何も言わずに牡蠣をむくための道具と軍手、
お皿を持ってきてくれます。注文の確認などは一切なし。牡蠣だけですから。笑
辺りを見渡すと、いかにも通い慣れた風の子供連れが、マイ調味料と
マイドリンクを片手に猛烈な勢いで牡蠣を消化しています。

牡蠣ってちょっと大人な食べ物な印象があったから、小さな子供がぱくぱく
食べているのにびっくり。さすが地元の子は違うな〜なんて思っていました。
でも、自分で牡蠣を食べてみて、その理由が明らかになるのです。

さて、待つこと数分で、これまた何も言わずに店の外で焼いた牡蠣を20個ほど
乗せたお皿をもってきてくれました。アッツアツの牡蠣からしたたる貝汁・・・
食べ出したら止まらなくなって、あっという間に一皿ぺろり。
癖も臭みもまったくなく、「うまい!」の一言に尽きる。
これなら子供だって関係ない。何個でも食べれるというわけです。

お皿の上が空になる頃を見計らって、次に出てきたのが生ガキ。
ツルリンとお口の中に滑り込みます。なんとも言えない濃厚な味!
続いてお酢で締めて、刻みネギとショウガをぶっかけた酢ガキが登場。
生ガキに比べるとくせがなくて、こちらもぱくぱく食べれちゃいます。

その合間にも焼き牡蠣ができると、どんどん持ってきてくれて、牡蠣のわんこそば状態。
時間制限がないので、おっちゃん曰く 「ゆっくりいっぱい食べていきんさい」。
でも、あまりに美味しくてこの手がとまらないんです〜。

続いて、牡蠣のグラタンと牡蠣フライが登場。これも倉庫の脇で作り立て!
お皿に山積みの牡蠣フライを見て、2人でこの量はないだろう・・・と思った私が間違い。
ぺろりと平らげて、おかわりをお願いしてしまいました。

最後の締めは、牡蠣ごはんと牡蠣のおみそ汁。どちらも牡蠣たっぷりです。
この頃にはかなりお腹も苦しくなってきましたが・・・お兄さんが机の上の
牡蠣の減り具合を見ながら、「次は何がいい?」と聞いてくるからつい・・・
「牡蠣フライを少なめで!」とかって頼んでしまうんですよね。

結局、2時間程の滞在時間で私たち2人が食べた牡蠣は以下の通り。
 焼き牡蠣 70個  生牡蠣 18個  酢ガキ 26個
 牡蠣フライ 28個  牡蠣グラタン 2個  牡蠣ご飯&牡蠣のみそ汁
ということで、140個以上も消化したことになります。

時間制限なしで、上記内容がすべて食べ放題、これで1人2500円は安すぎる。
今までの人生でこんなに満足度の高い食べ放題はなかったように思います。
他の食べ放題だと、しばらくは見るのもイヤという感じになるのですが、
これはもう、「次はいつこよう!?」と思ってしまうぐらい。完全にはまりました。

この牡蠣の食べ放題、11月〜3月は随時開催しているようです。
冬に伊勢にお越しの際は、ちょっと足を伸ばして、ぜひ鳥羽の牡蠣をご賞味ください!
(お店の場所を知りたい方は個別にご連絡ください。こっそりお教えします。)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

人気ブログランキングに参加しています!応援よろしくお願いします!
(現在のランキングは こちら からご確認頂けます)
↓↓↓↓↓

人気ブログランキング 人気ブログランキング参加中!このボタンをクリックしてください♪
posted by 農家の嫁 茶娘 at 17:39| 三重 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | ◆ 茶むすめの特産物紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

宮川の鮎漁を撮る!

ayuryo.jpg


今日は早朝から036が鮎漁の写真を撮りにいってきました。
036が、ということは、私はお布団の中でぬくぬくだったわけですが。笑

日本一の清流、宮川では鮎漁が盛んに行われています。
その鮎をうちのお店で出しているので、写真を撮って飾ろうかと。
今日のように、前日に雨が降ったり、風が強かった日は
鮎がたくさん捕れるんですって。(その理由は確認中・・・)

家のすぐ近くでは、川に 『より』 とよばれる竹の柵を作って、投網で鮎を捕ります。
よりの前で止まった鮎の群れめがけて網を投げるというわけ。
これがなかなか難しく、きれいに広げるには熟練の技が必要とのこと。

この 『より』 には部分的に透明の板が張ってあり、ここから水の中を覗いて
鮎の群れが集まるのをじっと待ちます。板のむこうに点々と見える白い石で
魚がいる位置を把握するのだそうです。

網の中には鮎が10匹程度、多いときでは1回で50匹も捕れることがあるとか。
でも、今年は不漁で、捕れる鮎は小さいものばかり。
漁師のおじさま方は口々に「今年はあかんなぁ」と言っております。

我が家では、小さな鮎は炭火焼きにはむかないので、甘露煮にします。
これまた絶品。近日中にお義母さんが作ってくれるそうなのでとっても楽しみ♪

036は写真の出来が納得がいかないようで、また来週にリベンジすると言っています。
私も早起きできたら、行ってみようかな?(早朝の川は寒そうでやだけど・・・)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

人気ブログランキングに参加しています!応援よろしくお願いします!
(現在のランキングは こちら からご確認頂けます)
↓↓↓↓↓

人気ブログランキング 人気ブログランキング参加中!このボタンをクリックしてください♪
posted by 農家の嫁 茶娘 at 23:44| 三重 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | ◆ 茶むすめの特産物紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月01日

みかんの虜

maruchimikan.jpg


あっという間に11月ですね。今年も残り2ヶ月か・・・

先日、036の友人のみかん農家さんから 「極早生みかん」を分けてもらいました。
三重県はお茶の産地としても有名ですが、新鮮な魚介類も食べられるし、
果物も豊富で、本当になんでもあるところなんですよ!

さて、このみかん、 『マルチ栽培』 という特別な方法で栽培されていて、
とっても美味しい!! みかんの木の下にマルチシートを敷き詰めることに
よって、雨水を通さず、果汁が濃厚になるとのこと。しかも、シートが太陽の
光を反射させるので、上からも下からも光を浴びているんですって。

早生のみかんとは思えないほどの濃厚な味わいとみずみずしさで
すっかり虜になってしまいました。もとから柑橘類には目がないので、
かなり自制しないと、果てしなく食べ続けてしまいます。

今からこんな状態だと、この冬を越すのに、何箱のみかんを買うことになるのか・・・
(もちろん、みかんは箱買いが基本です。とにかくすごい量を食べるので。)

冬と言えば、コタツでみかんが日本人の定番ですよね!?
そろそろコタツを出して、冬本番に備えようと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

おかげさまで40位台に復帰しました。さらなるランクアップを目指して頑張ります!
(現在のランキングは こちら からご確認頂けます)
↓↓↓↓↓

人気ブログランキング 人気ブログランキング参加中!このボタンをクリックしてください♪
posted by 農家の嫁 茶娘 at 21:20| 三重 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | ◆ 茶むすめの特産物紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月31日

高校生レストラン

magonomise.jpg


こないだの日曜日、これまた気になっていた 「まごの店」 に行ってきました!
このお店、なんと三重県立相可高校食物調理科の生徒が運営しているんです。

五桂池ふるさと村「おばあちゃんの店(農産物直営施設)」の食材を利用して、
素材の味を生かした創作料理を提供し、地域の活性化につなげる・・・
そんな高校生の取り組みは全国でも話題になりTV等でもよく紹介されています。

「すごく並ぶらしいよ」との噂通り、12時前に到着したにも関わらず、
お店の前には長蛇の列。待つこと30分でなんとか滑り込むことができました。
私たちの数組後でオーダーストップになっていたようです。

この日は10時45分に開店したとのことだったので、2時間で完売。
高校がお休みの土日や夏休みしか営業していないために、
お客さんが殺到するんでしょうね。遠方からも訪れているようでした。

さて、私が注文したのは「花御膳」。あっさりとした味付けでとってもヘルシー。
品数が多く、若い人でも満足のボリュームだと思います。

でも、やっぱり一番のウリは厨房や接客で頑張る高校生の姿でしょう!
ぎこちなさが残るけれど、それだけに一生懸命さが伝わってきて心が和みます。
そのフレッシュな笑顔が見たくて訪れるお客さんもたくさんいるんだろうなぁ。

今回は残念ながらSweetsは完売していたので、次回は甘い物目当てで
リベンジしようと思います。皆さんも一度訪れてみてはいかが?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

人気ブログランキングに参加しています!応援よろしくお願いします!
(現在のランキングは こちら からご確認頂けます)
↓↓↓↓↓

人気ブログランキング 人気ブログランキング参加中!このボタンをクリックしてください♪
posted by 農家の嫁 茶娘 at 23:19| 三重 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ 茶むすめの特産物紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

伊勢うどん

20071018.jpg


今日、1年ぶりぐらいで 「伊勢うどん」 を食べた。
うどんはコシが命!と考える私にとって、弾力性がほとんどない
伊勢うどんはあまり興味をそそられない食べ物なのだ。

ヨメ入り前の036家で初めて伊勢うどんを食べたとき、ゆで時間を
間違ったのだと思った。それぐらいコシのない、むにょむにょのうどん。
汁ではなく、まったりとした醤油だれと生卵を混ぜて食べる
スタイルも受け付けなかった。ヘンな食べ物という印象。

それからしばらくして、伊勢うどんの有名店に連れて行ってもらった。
そこでも、むにょむにょうどんが出てきて、こういう食べ物なんだと理解した。
やっぱり美味しいとは思わなかった。

「伊勢うどんをまずいと言ったのは935が初めて」と036は猛反発。
この柔らかいもっちり感が最高!とのことらしい。

そんなこんなで敬遠してきた伊勢うどんだが、今日スーパーでなんとなく
もう1回食べてみてもいいかな、という気分になった。
036が作ったうどんは相変わらずコシはないけど、これはこれでいけるかも、と思えた。

今回買ってきた生うどんのパックは、製造時に50分も茹でられているというから驚き。
どうりでコシはないわけだ。でも、だからこそ、ふんわりもっちり感は楽しめる。

一生食べることはないと思っていた伊勢うどんだが、
頻繁に我が家の食卓に上る日も近いかもしれない。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

人気ブログランキングに参加しています!応援よろしくお願いします!
(現在のランキングは こちら からご確認頂けます)
↓↓↓↓↓

人気ブログランキング 人気ブログランキング参加中!このボタンをクリックしてください♪
posted by 農家の嫁 茶娘 at 20:08| 三重 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ 茶むすめの特産物紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

豚捨コロッケ

butasute.jpg


台風ですね〜。今日は朝から雨が止みません。
昨日の赤福氷に続いて、伊勢神宮の門前町 「おかげ横町」 の人気商品をもう1品ご紹介!
いつ行っても行列ができている 『豚捨』 のコロッケ!

伊勢肉の老舗が店頭で販売しているんですが、
衣はサクサク、中はジューシーで味も濃厚、やみつきになります。

サイズの割には1個80円とちょっと高めですが、
お宮参りの途中にコロッケをかじる、という状況が許す値段なのかも。
なぜか自分も行列に並ぶ人の1人になってしまっています。

『豚捨』 というお店の名前、ちょっと変わっているけれど、
牛肉にこだわって、豚を捨てたことから名付けられたと
言われているんですって。それで、「ぶたすて」か。笑

コロッケしか印象にないけれど、伊勢肉の牛丼や牛鍋が
メインのお店のようです。いつか挑戦してみたいな。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

45位に復帰しました!この調子で頑張ります♪応援よろしくお願いします。
(現在のランキングは こちら からご確認頂けます)
↓↓↓↓↓

人気ブログランキング 人気ブログランキング参加中!このボタンをクリックしてください♪
posted by 農家の嫁 茶娘 at 22:49| 三重 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ◆ 茶むすめの特産物紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

赤福氷

akafukugori.jpg


先日、雨で午後がお休みになったので、赤福氷を食べに行ってきました!
赤福もかき氷も大好きな935、この日を心待ちにしていました♪

『赤福氷』 というのは、伊勢の和菓子の名店 「赤福」 が
夏期限定で発売するかき氷のこと。
ふわふわの抹茶かき氷の中に、赤福の餡と餅が隠れています。

雨で閉店間際だというのに、店内には赤福氷を求めるお客さんが大勢。
売店で整理券をもらい、鮮やかな緑の小山が届くのを待ちます。

かき氷は甘すぎず口の中で軽やかにとろけます。
その味を楽しみながら、山を掘り進めると餡と餅に到達。
この瞬間がたまらない!氷と餡と餅のバランスも絶妙です。

今回は2人で1皿を食べたけれど、1人1皿も軽くいけちゃいそう。
1年に1度は必ず食べたくなる味。

でも、ふと帰り道で、毎日かき氷を作って食べているんだから、
赤福を買ってきて、自宅で 「赤福氷」 作った方がお得かも!?
なあんて、庶民根性丸出しの2人でありました。

冬になると、赤福氷に変わって 『赤福ぜんざい』 が登場します。
これも食べに行かなくちゃね!今から楽しみにしています♪

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

60位台で推移。やっぱり、この更新頻度では50位以内キープは難しいなぁ・・・
(現在のランキングは こちら からご確認頂けます)
↓↓↓↓↓

人気ブログランキング 人気ブログランキング参加中!このボタンをクリックしてください♪
posted by 農家の嫁 茶娘 at 23:48| 三重 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ◆ 茶むすめの特産物紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

てこね寿司

sushikyu.jpg


神宮参拝と一緒にもうひとつ、初体験がありました。
それは、伊勢の郷土料理 『てこね寿司』 を食べるということ。

以前に伊勢名物の 『伊勢うどん』 を食べたら、どうも口に
合わなかったので、今回も半信半疑だったのですが・・・

これはいける!薄味の炊き込み御飯と醤油漬けのまぐろが
絶妙のバランス!添えられた生姜との相性もばっちり。

『てこね寿司』 は、漁師さんが船上で漁のの合間にすばやく魚をさばき、
漬けにした刺身をごはんに混ぜ込んで食べていたものなのだそう。

お寿司の高級感はないけれど、飽きのこない味です。
今度、家でも作ってみようと思っています♪

※今回てこね寿司を食べたのは伊勢神宮の 『おかげ横町』 の 『すし久』 さん。
  瓦が全部 「久」 になっていたのが面白かった!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
(現在のランキングは こちら からご確認頂けます)
↓↓↓↓↓

人気ブログランキング 人気ブログランキング参加中!このボタンをクリックしてください♪
posted by 農家の嫁 茶娘 at 16:08| 三重 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ◆ 茶むすめの特産物紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

あおさブーム

aosa.jpg aosa01.jpg aosa02.jpg

aosa03.jpg aosa04.jpg

度会にきて初めて食べたもの、そのひとつに 『あおさ』 があります。
海藻なんでしょうか。のりのような感じです。伊勢の名物なんですって。

その「あおさ」、なかなか美味しくて、飽きもこないので、
1日に1回はあおさのおみそ汁を作ります。

036の友人のJさんも、「みそ汁は豆腐とネギとあおさに限る!」
と断言するするくらい、こっちでは身近な食べ物なんですねー。

焼きのりとも、岩のりとも違う、爽やかな塩の香りと舌触りが
くせになりそう。しばらく935のあおさブームは続きそうです。

おみそ汁以外のオススメの食べ方があったらぜひ教えてくださいね♪

(ちなみに、上の写真3枚はあおさを作っているところ、だと思う・・・)
→先日、度会から南に向かって走った五ケ所湾ということころで撮影しました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(現在のランキングは こちら からご確認頂けます)
↓↓↓↓↓

人気ブログランキング 人気ブログランキング参加中!このボタンをクリックしてください♪
posted by 農家の嫁 茶娘 at 11:39| Comment(2) | TrackBack(0) | ◆ 茶むすめの特産物紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする